FC2ブログ
2018
07.31

防鳥ネットを修理する

Category: 未分類


7月31日(火曜日)


今日はブルーベリーの防鳥ネットの修理。

段々庭横の階段通路を降りて行くと、ここも台風で飛ばされてきた枝葉がいっぱい。
それらを拾って北側の雑木林に放りこみながらブルーベリーの段へ。

予想に反して支柱が東側へ傾いている。
ってことは西風だった?

ま、考えても仕方ないので修理にかかる。

脚立に上り、傾いた支柱を真っ直ぐにして上から掛矢で叩く。
それでも頼んない支柱には直径3センチくらいの鉄管を支柱の傍に打ちつけ補強する。

ネットで引っ張られ内側に曲がっている支柱にはロープをしばって、そのロープをまわりの別の木に括りつけておく。

とりあえず修理はこれで完了。

・・・

ブルーベリーの木も、実をつけている小さな枝が何本か折れている。
最初に収穫してから1週間経つが、熟している実がイマイチ多くないような・・・。
落果しているのかな。

次の日曜日に、ブルーベリー狩りに来る知人(Kさん・Yさん・Nさん)がいるので、それまでにたくさんの実が熟すといいな。


・・・


「オシム 終わりなき闘い」を読了。

イビチャ・オシム氏。
凄い人生を生きられている。心から尊敬する。

著者の木村元彦氏。
本物のジャーナリストやね。こちらも心から尊敬する。

それにしてもバルカン半島の人たちの名前「〇〇〇ビッチ」さんが多過ぎる!
ストイコビッチ、ペトロビッチ、ミロシェビッチ、マルコビッチ、ジョコビッチ、ベゴビッチ、イビシェビッチ、ミシモビッチ・・・

これ、クロアチア人、セルビア人、ムスリム人、すべてに共通する。
元々これらの人びとはすべて「南スラブ人=ユーゴ・スラヴィー」と呼ばれる同じ人種で、宗教の違いが民族として区別されているとのこと。
(クロアチア→カソリック、セルビア→セルビア正教、ムスリム→イスラム)

だが、その違いが凄惨な内戦を引き起こす。


平和な日本だから、私のような人間もノホホンと生きていることができる。

感謝しかない!




また、明日に!







スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top