FC2ブログ
2020
07.20

お好み焼きの出来栄えは・・・

Category: 未分類


7月20日(月曜日)


美味しいお好み焼きを焼くコツは、生地にたっぷりの山芋をすり下ろして入れること。
そうするとキャベツと絡んで、フワフワでサクサクのお好み焼きを楽しめる。


ただ、昨晩はめちゃくちゃ久しぶり(数十年ぶり !? )だったので、生地とキャベツの割合や天かすを生地に混ぜ込むのか焼く時に振りかけるのか等、忘れていることが多々あって、あまり満足できる出来栄えではなかったように思う(酔っぱらってたし)。

それでもフカフカでサクサクの食感だったのは憶えている。




Sは同学年、Kは2つ年下で、私を含めた3人は長~いつき合い。なので気を使わないでいいお客さん! 緊張感のかけらもなく、和気あいあいでダラダラの2日間を過ごした。


話題と言えば、体調が悪いだの物忘れが多くなっただの年金の手続きがどうのこうの………


Kがこの春に定年退職だったので、3人で温泉旅行にでも行こうかと今年の初めに話していたけれどコロナで延期のまま。「Go to なんちゃら」も、このところの感染者数の増加で、湿気た花火のようになっているし、コロナがいろんなところに影響を及ぼしている。


コロナがなけりゃ、今頃オリンピックの話題で狂ったように盛り上がっていたろうな。





おやすみ











Comment:0
2020
07.20

呑み過ぎ。。。

Category: 未分類


7月19日(日曜日)


お好み焼き、堪能しました。

それ以上にアルコール、堪能しました。

もう午前1時30分!


寝ます!!

詳細はまた明日!!!




おやすみ







Comment:0
2020
07.19

明日の晩は「お好み焼きパーティー」

Category: 音楽


7月18日(土曜日)


曇りとマークの予報だったけれど、雨・曇り・晴れの時間が錯綜してあり、午後は晴れの時間が多かった。

午後一番に買い物のためとなりまちの食品スーパーとお酒の販売店へ。


ニッカのグレードの低いウイスキーの特大サイズを購入。
これは我が家ではサントリーの「山崎」やスコッチウイスキーの「ジョニーウォーカー ブレンダーズバッチ シェリーカスク」などの空瓶に詰められることになる。

明晩はSとKが「お好み焼きパーティー」をしようと言って、必要な食材を持参してくれるらしいので、今回、私が用意しておく食材はそんなに多くない。




「お好み焼きパーティー」は、昔(20~30代の頃)我が家で気のおけない友人たちが集まって開いていたもので、SもKもその当時からのメンバーだった。

そんなに頻繁にやった記憶はないけれど「〇〇(私のこと)亭のお好みパーティー」は、なかなか評判が良かった(ように思う)。




2016年の「3000人の吹奏楽」のイベント紹介番組(関西テレビ)をYouTubeで見つけた。

京都橘さんのファンにとっては貴重な映像ですが、ま、著作権の関係などでそのうち削除されるんでしょうね。






おやすみ








Comment:0
2020
07.17

ヒナは生きているかな…

Category: 未分類


7月17日(金曜日)


外出からの帰り道、ガソリンスタンドで給油して旧国道に出ると、1台の軽トラが前を走っていた。

旧国道から我が家に続く山道に入るため、右折のウインカーを出そうとしたら、前の軽トラも右折して山道に入っていく。

めったに車が通らない山道。

よく見ると、前の軽トラはお隣のご主人が運転していた。




お隣の家の前で軽トラの前に車を停めて降り、軽トラの窓越しに昨日の鳥の巣について尋ねた。

「親鳥、エサやりに来てますか?」
「それは分からん。とりあえず巣は落ちてないけどな~」
「ハァ~、そうですか」


雨の一日。エサが貰えなければ、小さな雛は雨で体力を奪われ、生命を永らえることは無理だろうな。

昨日の失敗は、気分的に結構尾を引く…。




1週間ほど前からヒグラシの声が聞こえている。

例年ならお盆の頃にツクツクホウシが鳴き出し、お盆が過ぎるとそれにヒグラシの声が重なっていたような記憶があるけれど、今年はヒグラシが先行している。

この長雨といい、今年は天候不順が当たり前のようで、セミの出番まで変わってきた。




19日~20日の日・月に、友人のSとKが来る予定。

一泊二日の日程を決めるのに何か月もかかっていたおバカな二人だけれど、ま、楽しい酒が呑める友人です。

明日はお迎えの準備をしましょう。




おやすみ







Comment:0
2020
07.17

ヒナのいる鳥の巣を・・・

Category: 未分類


7月16日(木曜日)


ヒナがまだ入っている鳥の巣を取ってしまった。

すぐに気づいて元の場所近くに返したけれど、固定されていた巣を剥がしたようなものだから、もう元のようにはならない。

多分もうダメだ。
親鳥が戻って来ないような気がする。




昨日からの作業の続きで、駐車場の草抜き&草刈りをやっていたら、昼前にお隣のご主人がみえて「今、採ったばかりや」と茗荷(みょうが)を分けてくださった。

お隣とも久しぶりで、よもやま話をしているうちにお隣の作業(生垣の剪定)を午後にお手伝いすることになった。

約束の時間にお隣に行き、電動バリカンで生垣を散髪していく。今年2回目の剪定作業。ご主人が過日ひとりでされた残りの作業だったので30分ほどで終了。

その後、その電動バリカンを借りて、今度はお隣のご主人に手伝ってもらって、我が家の花が終わりかけのキンシバイやアジサイの剪定を行う。これも1時間弱で完了。

その後、ご主人が「あ、もうひとつ手伝ってくれるか」と仰ったのが、キウイ棚のキウイの蔓の整理だった。




伸びて、うまく棚に絡まずに他の木枝に絡んでいるキウイの蔓をほどいて、キウイ棚に載せ絡ませる作業。

棚の下にある鉄製のガーデン用テーブルやイスに乗り作業を進めていく。

その途中で鳥の巣を発見した。

「あ、こんな所に鳥の巣がありますよ」
「へぇ、気がつかなかったな」

お隣のご夫婦は野鳥の観察も日常的にされていて、鳥の巣箱を作って庭の木枝などに付けられている。

今まで鳥の巣といえば空の巣しか見たことがなかった私は確かめもせずに手を伸ばし、キウイの太い蔓に固定されていたお椀型の巣を、空だと思い込んでもぎ取り、下におられたご主人に渡した。

「あ、ヒナがまだ入っとる!」
「え!?」

驚いて巣を元の場所に戻そうとしたけれど、固定されていた巣をもぎ取ったので元通りにはならない。キウイの蔓と棚のパイプのすき間にそっと押し込むようにして置くしか方法がなかった。

私は気が動転してしまって巣の中をはっきり見ることが出来なかったけれど、後でご主人に伺うとヒナが4~5羽入っていたとのこと。確かなことは分からないがメジロではないか、と仰っていた。




あ~~、バカなことをしてしまった。

親鳥が今まで通りエサを運んでくるか? 巣は落ちないか?


これは、落ち込む。





おやすみ









Comment:2
2020
07.16

グラベルロードバイク

Category: 未分類


7月15日(水曜日)


予報では一日曇り空のはずだった。雨マークはなかった。

結果は「曇り一時雨ごくたまに晴れ」で、雨が激しく降る時もあった。
ま、こんな予報は出せないだろうから「一日曇り」でお茶を濁しておいたのだろう。




とにかく何か庭作業をしましょうと作業着に着替え、草抜き・草刈りならどこでもどうぞ!という状況なので、とりあえず駐車場の緑地スペースの草抜きを始める。

いったい土の中にはどれほどの草の種がねむっているのだろう?

刈っても刈っても生えてくる。
「雨後の竹の子」っていうけれど、雑草だって雨の後はワンサカ生えてくる。

サクランボやミニバラ、レンギョウにアーモンド、アジサイ等が植わっている一角の草抜きを行う。

細かい雨が降っていて、たまに止んだと思ったら今度は激しく降り出す。カーポートの下へ退避しているとしばらくしてサッと止み、日差しが差してくる。


予定では、手抜きのあとは野芝がグランドカバーを受け持っている場所を、草刈り機を使って刈り込もうと思っていたけれど、また雨が降り出したので、外での作業を打ち切った。


太平洋高気圧よ! 
頑張って梅雨前線を北へ押し上げて、一日でも早く梅雨明け宣言を出してくれ!




新しく自転車を手に入れるのであれば、グラベルロードバイクにしようかな、と考えている。

健康余命は着実にカウントダウンしているので「自転車を楽しむ」というプロジェクトも遅延なく準備を進めないと……。




おやすみ








Comment:0
2020
07.15

「あんじゅう」は「暗獣」だった!

Category: 未分類


7月14日(火曜日)


夕方になってやっと雨が上がり、薄闇に包まれる直前に日が差しうっすらと青空が見えた。

もう、いい加減、雨はやめて!




写真撮るの忘れたけれど、門柱として使っているヒノキに白いキノコが生え出していた。
夕方、郵便受けを覗きにいくときに見つけた。

以前にも同じようにキノコが生えて、いくら梅雨とは言え門柱に生えるのは失礼でしょ!? と、台所用の消毒アルコールを噴霧しておいたら、見事ひと晩でキノコが消えたことがあったので、今日も消毒アルコールを噴霧しておいた。

連日の雨でジトジトしてるしキノコだって生えたい気持ちは分かる。

でも、門柱はダメです! 家の「顔」ですから。




一日、「あんじゅう~三島屋変調百物語事続」を読む。

分かりにくい題名の本だけれど「三島屋変調百物語」という題名の小説の「事続」つまりシリーズ第2巻で、第2巻の題名が「あんじゅう」になる。

そして今日、やっとこの「あんじゅう」という題名の意味が分かった。

あんじゅうは「暗獣~暗やみの獣(けもの)」という意味(だと思う。まだ読み切っていない)。


こういう奇想天外なストーリーを、宮部みゆき氏はどのように発想し紡ぎ出すのだろうか。



明日の予報は「曇り」

庭作業しないと身体が錆だらけになってしまいそう!




おやすみ








Comment:0
2020
07.14

郵便料金

Category: 未分類


7月13日(月曜日)


なぜか今日はユニクロに肌着や靴下を買いに行こうと朝から決めていた。

お昼に生協の配達があるので、それを受け取ってから出発することに。

こんな日に限って配達時間がいつもより遅い。通常より30分ほど遅い午後1時過ぎに生協の配達があって、それから出発。

ユニクロがある最寄りのイオンタウンまで車で約40分。
雨がときに強く、ときに弱く、たまに小休止しながら降り続く。ええ加減にせい!

タンクトップとTシャツ、そして靴下などを購入。

それから一目散に帰って、読みかけの「あんじゅう~三島屋変調百物語事続」の続きを読み始める。




この作品が素晴らしいのか、私の今の体調と波長が合っているのか、とにかく惹き込まれる。

著者の宮部みゆき氏は私より3つ年下か。すごいねこの人。どの作品を読んでもハズレがない。作品数もすごい!

この人の作品に手を付けづらいのは、どの作品が既読でどれが未読か分からなくなっているから。題名を『2020年7月刊行』みたいにしてくれたら時系列も分かるし、未読・既読もチェックしやすいのにな~。




ユニクロに向かう途中、郵便局に寄って封書を一通送付したけれど、今、封書の郵便代がいくらなのか分からなくなっている。なので、いつも重量を量ってもらう口実で料金を確認し窓口で払っている。

手紙(定形)⇒ 25g以内・84円 
        50g以内・94円
通常はがき ⇒ 63円
往復はがき ⇒ 126円

ま、ネットで調べりゃ直ぐに分かるな。これで覚えるかも。


今、家にある切手は、80円・52円・50円・10円・2円、の5種類。
ん~、1円切手買わないと、はがきの料金がつくれない。


1円切手を買うべきか、63円切手を買うべきか………。




おやすみ








Comment:2
2020
07.13

ひさしぶりの日差し

Category: 未分類


7月12日(日曜日)


晩ご飯の後、宮部みゆき氏の「あんじゅう~三島屋変調百物語事続」を読みだしたら止まらなくなり、現在13日の午前1時30分。

ここんとこ読んでいた藤沢周平氏の「春秋の檻①」がイマイチ体調と合わず、なかなか読み進められなかったのに比べ、「あんじゅう」はスラスラと読めてしまう。

藤沢周平氏の作品はどれも好きなのに、今回はどうも没頭出来ない。


んなことは置いといて、めっちゃ眠いのでごく簡単に今日の出来事・・・




午前、久々に日差しに恵まれたので庭作業をしようとリビングで着替えていると、ブルーベリーを囲っているネットにヒヨドリか何かの野鳥がアタックをかけているのが見えた。

そろそろ熟してきた実を狙っている!

直ぐに現場に行くと、どうやって入ったものか一羽がネットの中でパニクっている。

下手に威嚇すると余計に暴れて、ブルーベリーの実をいっぱい落としてしまうので、出入口を大きく開けて自主退所を促す。

しばらくして見に行くといなくなっていた。
その後、ネットを補強してから周辺の下草刈りを行い、ついでに実の収穫も行う。


次は畑に向かう。

こちらも雑草を抜いてからオクラ、キュウリ、ルッコラ、そして今季初のトマトの収穫。

とれとれの野菜は昼食で頂いた。
2020/7/12/2


今、畑で一番勢いが良いのは、イモの葉っぱ!
2020/7/12/1

こんなに地表部分が元気なんだから、きっと地中のイモもりっぱに育っているんだろうな!


午後、収穫したブルーベリーをYさんにおすそわけするためYさん宅へ行く。

小さなタッパで十分間に合う程度の量だったけれど、ま、いつもお世話になっているので感謝の気持ちを込めて。


ま~こんな一日でした。


眠い!




おやすみ







Comment:0
2020
07.12

B級映画×2本+山道をちょこっとお掃除

Category: 未分類


7月11日(土曜日)


雨、雨、雨………。

amazon プライムで邦画を2本観たけれど、いずれも個人的感想ではB級ランクで、もう一度観ようとは思わない。

1本目は「巫女っちゃけん」
福岡県福津市の宮地獄神社を舞台にした内容だったけれど、主人公の父親役のリリー・フランキー以外の登場人物の感情露出が日本人離れしていて、韓流ドラマかと思った。


コメディとはいえ、神社を舞台とした韓国マインドの映画だこれは。




2本目の題名は……… ん~~~   あ~思い出せない。

大泉洋がファミレスのさえない店長役、その店でバイトをしている女子高校生が実は陸上短距離の有望選手だったけれど、ケガで競技をはなれていて、、、というようなお話。

これは~、はっきり言ってストーリーが退屈でした。大泉洋は言うまでもなく、高校生役の俳優もまあまあの演技だったと思うけど、脚本が個人的にはちょっとな~、、、という感じ。


映画2本観ただけで半日が過ぎて、これではアカン!と決意を新たに、車に剪定バサミを載せて国道につながる山道へ向かった。




このところの長雨と高温で、道の両側から大きく成長した草木が道に張り出してきて、道幅が冬場の3分の2程度にまで狭くなっている場所が何か所もある。

地理的には隣の自治会の管轄になると思うけれど、実際この道を使用している頻度は私とお隣ご夫婦が圧倒的に多いと思う(一日の通行量は、うちやお隣を含めても多分10台以下だと思う)。

道沿いに隣の自治会に属する人家は一軒もなく、必然的に自治会単位の道清掃でも放置されている。なので道端の草刈りは役場が行う1回のみ。その1回はまだ実施されていない。


以上のような状況で、前々から車のアンテナが当たる木枝や蔓草、大きく伸びて傾いてきた笹などを何とかしようと思っていて、何もやることなくて時間を持て余していた今日、ちょっとくらいの雨はクーラー代わりにして刈ることにした。




汗と雨で上半身ビチョビチョ。やっぱ雨の日の作業はダメ。

それでもアンテナに当たる木枝などは伐り落とすことが出来た。作業している間、1台の車も通らなかったので避ける必要もなし。


肉体作業が減っているためか、今日体重を測ったらもう少しで70㎏に到達する!ってところまで増えていた。

ヤバい。





おやすみ








Comment:0
back-to-top