FC2ブログ
2019
06.30

クモの巣にストライク!×2回!!!

Category: 未分類


6月29日(土曜日)


午前、毛虫に散々葉っぱを食べられて、八割方裸同然となっていた水芙蓉にオルトランを噴霧しようと道具をとりに物置の入口まで来た時、真正面からクモの巣にブチ当たり、顔・頭・上腕にクモの糸がベチャっと付着してしまった。

この季節、いつも気をつけているので、ここまでマトモに正面から突入したことはない。

気持ち悪いったらありゃしない。

夜、洗濯物を取り込むのを忘れていたのを思い出し、物干し場に急いで向かったら、またしてもクモの巣に正面からブチ当たってしまう。

すでにシャワーも浴びて、汗も脂も埃も落とした綺麗なお顔に、またしてもクモの巣がへばり付く。


庭作業も家事もシャキっとこなさないと、クモにまでバカにされる。





昨日、買い出しに行ったというのに、朝食用のパンがない。
やっぱ購入リストをきちんと書いて行かないと、こういうことになる。

タバコ止めてからやたらと腹がへる。

朝食用のパンがないのは相当落ち込む。
仕方ないので干からびかけたバナナを一本食べて朝食とする。


というような朝のスタートから、クモの巣に突入×2という散々な一日だったとさ。





おやすみ









スポンサーサイト



Comment:2
2019
06.29

カーポート横の草抜き。モミジとアサガオ。

Category: 未分類


6月28日(金曜日)


午前、となりまちの食品スーパーへ。不足食材の買い出し。
ついでに書店へ寄り、文庫本を4冊も買ってしまった。

そのうちの1冊は「響け!ユーフォニアム」シリーズのおそらく完結版。
(サイドストーリー的なものが出るかもしれないですが)

振り返ればこのシリーズの最初の本を手にしたのは、2016年の恐ろしく暑かった7月のある日のこと。

この本がきっかけで吹奏楽の面白さを知り、You-Tubeで吹奏楽やマーチングを観て楽しんでいるうちに京都橘さんのsing sing sing に出会ってしまい、同校のエンターテイメント志向の強い演奏・演技にハマって現在に至っているわけで…。




午後、カーポート横の草抜き。

お隣のご主人から頂いたモミジの幼木を4本植えているけど、この状況ではどこにモミジが植わっているか分かりません。(でしょ !? )
2019/6/28/1


で、滝のような汗をかきながら頑張って・・・
2019/6/28/2


ん !?  これでもモミジが分からんて?

ま、一度見に来てください。


草抜きしたら、昨年咲いたアサガオから落ちた種から芽を出したアサガオが、、、
2019/6/28/3

さっそく竹の枝を支柱代わりに立てておきました。




くもり時々雨みたいな天気がしばらく続くようで、鬱陶しいですな~。

とりあえず今日の一日はこれでおしまい。




おやすみ







Comment:0
2019
06.28

ねむの木、花をつける。

Category: 未分類


6月27日(木曜日)


台風の雨か梅雨前線の雨か分からないけれど、雨が降ったり止んだりの一日。


そういえば、こんな季節に花を咲かせる木だったな、ねむの木。

2019/6/27




過日、再読した樋口有介氏の「風景を見る犬」のなかに、妙に引っかかる言葉があった。


「興味というのは自分のなかにあるの。対象は沖縄でもミミズでも宇宙でも、同じこと。自分で自分の内面に興味がなければ、外の世界はみんな退屈

分かるようで分からない。

この言葉は「自分の内面に興味を持てば、外の世界にも興味を持てる」あるいは「自分の内面に興味が持てないと、外の世界にも興味は持てない」という解釈でいいのかな !?


この解釈、間違ってる?





おやすみ










Comment:0
2019
06.27

フォーマルな装束に疲れた一日

Category: 未分類


6月26日(水曜日)


6時に起きて7時40分に出発。途中、茶飲み友達のYさん宅へ寄りYさんをピックアップ。
(Yさんと喪主を務められるSさんは長年のお友だち)

午前10時に告別式会場のメモリアルホールに着く。

式は10時30分から約1時間。
式が終わってから会場で野生少年Hの姿を見つけ、ほんの少しだけ立ち話。
少年H、なんか一緒に働いていた頃より痩せたような気がするな~。




Yさんとの帰りの車中で、お昼を食べてからお送りすることに話がまとまり、Yさん宅へ向かう途中にあるサンドイッチが“ウリ”の喫茶店でステーキ定食を食べる(Yさんは別メニュー)。


喫茶店に入ったのがお昼過ぎで店を出たのは3時頃だったか。
ひさしぶりによくおしゃべりをした。

Yさんをお送りし、我が家に帰宅したのが4時半頃。

車の運転より、スーツとネクタイそして革靴が疲れた。
こんな装束は退職後5年間で多分3~4回。よくぞネクタイの結び方を憶えていたものよ!




夜、なでしこジャパンvsオランダの試合の録画を観る。

今回のワールドカップで一番良い内容だったような気がする。
ま、負けては意味ないけど…。



梅雨入り!

明日は台風襲来 !? そしてその後はしばらく梅雨空が続くとのこと。


何して過ごしましょうかね………。




おやすみ









Comment:0
2019
06.25

「農ガール、農ライフ」読了

Category: 未分類


6月25日(火曜日)


真夏のような・・・
2019/6/25

夏が来た~!(いやいや、そろそろ梅雨が来る~!!)





朝、朝食摂って、洗濯して、コーヒーを飲みながら本を読んでいると、めずらしく野生少年Hから電話があった。

私が現役時代にお世話になっていたSさんのご主人が亡くなられたとの連絡。
人生の終わりは誰にでも来るとはいえ、ご身内の方には寂しいこと。

お通夜への参列は時間的に厳しいので、明日の告別式に参列するつもり。


なので26日早朝(午前4時~)の女子ワールドカップ決勝トーナメント1回戦vsオランダ戦のナマ観戦は控えておく。




今日一日で読了した本は、垣谷美雨氏の「農ガール、農ライフ」。

32歳の独身女性が雇止めで失業し農業に活路を求めて頑張る、という物語。

新規就農の難しさ…。
まず地縁・血縁などのつながりがなければ農地を借りることさえ大変な現実、農業だけで生計を維持することが非常に困難な現実などが、物語の大きな軸となっている。

けれど小説なのでそればかりじゃない。

30過ぎの独身で、住む家も頼りになる身よりもいない女性が、現代の日本をどのように生き延びていけばいいのかという結構シビアな問題がもうひとつの軸としてあり、このふたつの軸が絡みながら物語はすすんでいく。


30過ぎって、こんなに根性と体力あったっけ !?  と混ぜっ返すのは失礼。

農業に挑戦する人の比率は少なかろうけど、安定した仕事と収入、住み続けられる住居、に不安を抱える人はすごく多いと感じている。


垣谷美雨氏。 
初めて作品を読んだけれど、題名の軽さに騙された!
かなり重い、でも頑張る人に訪れる少しの幸運も配置されたいい作品でした。




おやすみ








Comment:0
2019
06.25

2段目は“果樹”の段

Category: 未分類


6月24日(月曜日)


午前、郵便局へ。

封書、昔は手に持っただけで通常料金か10円増し料金か重さで判断出来たけれど、今はてんで分からない。なので、郵便局で計量してもらって切手代を払うようにしている。

あとはどこにも寄らずに帰宅する。




午後は段々庭2段目の草刈り作業。
3、4段目より狭いのに、なぜか時間はこちらの方がかかる。

この段、モグラがあちこちの地面を掘り返している。これといって被害はないけど、地面を掘り返されると地中の小石が地表に転がり出てくる。この石が草刈り機の刃を傷めてしまう。

2019/6/24


柿、桃、梅、グミなどの果樹が植わっているけど、ここ数年どれも収穫はない。
(桃の木にゴルフボールほどの大きさの実がいくつも成っていた。でもいつも梅雨の間に落果するんよね)

原因は分からない。
転居してきた当初は、柿の木に多くの実が成っていたのを憶えている。


ま、間違いなく手入れしてないからでしょうね。




首長選挙。私が投票した人は落選していた。





おやすみ







Comment:0
2019
06.23

樋口有介「風景を見る犬」読了

Category: 未分類


6月23日(日曜日)


午前、投票に行く。

帰宅し昼食(生協の冷凍チャーハン)。

しばし休憩の後、草刈り開始。




段々庭の3段目と4段目の草を刈る。
3段目はブルーベリーの段で、4段目はかつて畑をしていた段。

ブルーベリーの実付きが良くない。
今年はどうも不作が決定的。原因を解明しなくては…。


約2時間で草刈り完了。

汗びっしょり!
シャワーを浴びて、その後はゆったりと本を読む。




樋口有介氏「風景を見る犬」読了。
話の展開はどうでもいいのかもしれない。同氏の文体が私の好みに合うのだろう。

この作品を読むと、沖縄に住みたくなる。
作品に描かれている気候や社会風土が私を呼んでいる・・・みたいな。


本を読みながらハイボールを重ねる。
こんなに呑んだのはひさしぶりで、酒がうまい。
当然、酒の肴も必要なわけで、冷蔵庫を覗いて適当に2品、3品と簡単調理で作り上げる。


こんな感じで沖縄が舞台の物語を読んでいると、曇天で湿気の多い天気もあってか、なんだか今、沖縄にいるような気がしてくる。


沖縄に移住するのも、ほんと、いいかもね!




おやすみ









Comment:0
2019
06.23

選挙

Category: 未分類


6月22日(土曜日)


洗濯したあとは読書。

樋口有介氏「風景を見る犬」を再読。先日読了した同氏の「少女の時間」に触発されてか。

物語はともかく、ストーリーの舞台である沖縄の「負の側面」をここまで書いていいんかい !? と思ってしまう。でもその文面に沖縄を見下すような意図はないと思われるので、ま、いいのかも。




寝る時、外したメガネや目覚まし時計、室温計などを置くためにサイドテーブル的な台が必要で、今日は今使っている台の脚にキャスターを取り付けた。台を自在に動かせるのは便利なので。

客室用のサイドテーブルを新たに作ろうと材料も買ってきているけれど、今日はそこまでの気力がなく、またの機会に…。


そろそろ屋外の作業には虫よけが必要になってきた。
蚊が飛び出している。

5月以降草刈りをした段々庭の2、3、4段目、すでに2回目の草刈りが必要な状態になっている。
明日、雨じゃなければ草刈り機でやっちゃいましょうか。




明日、自治体の首長選挙の投票日。

地元にあまり知り合いがいない私に対しても、5~6人の人から特定候補への支持の依頼があった。これが生粋のジモティなら、地縁、血縁その他あらゆる腐れ縁から投票依頼があるのだろう。


さて、どの候補者に投票すればいいのだろう…




おやすみ







Comment:0
2019
06.22

“街角ウォッチング”の楽しみ方が分からない

Category: 未分類


6月21日(金曜日)


目的なんて決めなくていい。
とりあえず出向いた先の電柱にデンして帰ってきたらいい。

そう思って今日は出かけた。




向かった先は「京都」

京阪電車の三条で降り、三条大橋を渡り河原町通を突っ切って寺町通へ。
寺町通を北に進み、御池通を越えてまだ北へ歩く。

目的がないからもっとランダムに歩けばいいのに、なぜか知ってる道ばかり歩いてる。
結局、喫茶店でお茶して、市役所前の地下街(ゼスト)で本と靴を買って帰ってきた。


京都に地下鉄東西線が出来てから、いまだに戸惑っていること。
京阪電車の駅名が「三条」で、地下鉄の駅名が「三条京阪」。おまけにこの両駅、結構離れている。

人と待ち合わせする時など「じゃ三条京阪で」と「じゃ京阪の三条で」とでは、待ち合わせる駅が違ってしまう。

京都人は不便とは思わないのでしょうか !?

しょ~むないことですが、こういうところに引っかかる私です。




都会を歩いていてよく分かった。

今日は平日で、しかも暑いさかりの昼下がり。道行く人の多くは外国人観光客で、あと影の薄そうな60代から70代と思われる単身男性が…そこかしこに漂っている。

つまり私と同じようなオッサンが、私と同じような服装をして、私と同じようにふわふわと歩いている。

瞬時に分かった!

仕事を退職してヒマを持て余し、家にいても暑くて退屈な人たちが街をそぞろ歩いているのだ! そして私も、街を漂うオッサンのひとりに違いない。



やっぱり都会は“目的”をもって行くべきだ!
無目的に街を漂っているだけならゾンビやウォーキングデッドと変わらない。
(あくまで私個人の感想です。普通に「街角ウォッチング」を楽しまれている方も多いかと思います。それはそれで素敵なことだと思います)




というわけで、これからしばらく草刈りしながら都会に出ていく目的を考えることにします。




おやすみ







Comment:0
2019
06.21

樋口有介「少女の時間」読了

Category: 未分類


6月20日(木曜日)


今日こそは都会に行こうと思っていたのに、またしても行けず。

結局、いつも行くとなりまちで実用品のショッピング。
炭酸水をつくる炭酸カートリッジ、木工でサイドテーブルを作る材料、そして食料品を購入。

目的を決めないと出かけられないという性格を変えないと都会に行けない。
(↑何かすごい。否定形×4の文章)




今日の未明にあった試合はvsイングランド戦。スコットランドではありませんでした。
(昨日のブログで、間違って「スコットランド戦」と書いていました)

予定通り午前4時前に起きてテレビ中継を観たけれど、イングランドの1点目が決まった瞬間に、今日のなでしこの出来では勝てないと確信し、テレビを消して寝床に入った。


強化試合や親善試合などでは、戦術の確認とか選手の組み合わせなどを主目的にして、勝ち負けを度外視してもいい場合もあるけれど、ワールドカップ本大会の試合では勝つか負けるかが一番重要でしょ。

今回のなでしこ、点が入る雰囲気がまるでないもんな~。




樋口有介氏の「少女の時間」読了。

同氏の“柚木草平”シリーズの最新刊(2016年1月単行本。文庫化2019年5月)。

同氏の軽快な文章をひさびさに楽しんだ。
樋口有介。ひょっとしたら、けっこう好きな作家かも…。




おやすみ






Comment:0
back-to-top