FC2ブログ
2018
02.28

シイタケの菌打ちと、巣箱の取り付け

Category: 未分類


2月28日(水曜日)


ちょっと庭仕事にも飽きたし、靴下など身の回りの衣料品でも買いに行こうかな、と思っていたら、昼前にお隣のご主人から電話が・・・。

「昼からシイタケの菌打ちしますよ」
「あ、そうですか!、じゃあ伺います」

菌打ちされるときは、見学したいので教えてくださいと頼んでいた。


・・・


駒菌を入れる穴をあけるための専用のドライバーがある。

2018/2/28/1 


地域によって穴の深さが違うそうで、4.2㎜や3.8㎜など、ホームセンターで売っている駒菌や菌打ち専用のドライバーの刃先も地域によって長さが違うらしい。


ドライバーであけた穴に駒菌を差し込み、木槌でたたいて埋める。

2018/2/28/2 


ま、見学というよりもお手伝いで、こういう作業も一人でやるより二人でやる方がはるかに効率がいい。


途中、電動ドライバーのバッテリーが切れた(合わせて3台全部!)ので、充電している間に、前から「手伝ってほしい」と言われていた小鳥の巣箱を北側の林のクヌギに取り付ける作業を行った。


左側がお隣の生垣で、間が我が家に至る私道。
その右側の林にあるクヌギに巣箱を取り付ける。この場所だとお隣の2階からもよく見えるし、私が車で出入りするときも楽しめる。


2018/2/28/3 


私道から約3メートルほどの高さに梯子をかける。


上って巣箱を取り付けるのは、もちろん“若手”である私の役割!
お隣のご主人は、下でがっちりと梯子を支えてくださる。


2018/2/28/4 


いい感じで取り付けが出来た!

2018/2/28/5 


どんな野鳥が入ってくれるかな !?

そう言えば今日、今年初めてウグイスの鳴き声を聞いた。
朝、トイレで用を足しているとき、あの懐かしい「モ~、ド~デモイイヨ!」って鳴き声が・・・

3年目になる「ウグイスのブッダ」がやって来た!!


・・・


その後も菌打ちを続け、またしてもバッテリー切れで、残りは明日行うことに。


夕方から風が強くなり、夜には雨が降るという。
シイタケの菌打ちには良い天候だろう。





では、また明日に!!










スポンサーサイト



Comment:0
2018
02.27

高枝切りでコナラの枝を切る

Category: 未分類


2月27日(火曜日)


昨日お掃除した段とひとつ下の段との間の斜面に生えているコナラ。

2018/2/27/1 

真ん中あたりの左側にある枝が段々庭の日照を悪くするので、高枝用のノコギリで切り落とすことにした。

結構、太い。

2018/2/27/2 

慣れない作業だったけれど、何とか・・・

2018/2/27/3 

2018/2/27/4 


伐り落とした枝は、薪として使えるものだけ駐車場へ運び上げ、細かい枝は段々庭の隅に置いておく。


この枝切りのほか、段々庭のお掃除を行う。

枝打ちして落とした枝をそのままにしているのが多くそれらを始末したり、積りに積もった枯れ葉を私の動線部分だけ掃き清めたりと、ちょこまかと動く。

作業はまだまだ残っている。


とりあえず、今日はこんなところで・・・
(今、睡魔に襲われていて、眠くて眠くて、、、)





おやすみ







Comment:0
2018
02.26

ひこばえ!!!

Category: 未分類


2月26日(月曜日)


結局、今日も庭仕事。
ハイレベルもローレベルもありましぇん!

春を感じる日差しの一日でした。


・・・


段々庭のお掃除。

畑の段のひとつ下。

昨年初めか一昨年末に山桜の木を伐って以来、一度も足を運んでなかった。
入口付近にある柿の木の太めの枝が台風で折れて、先日、木そのものを伐った。

2018/2/26/3 



伐り落とした幹や枝を始末し、やっとこさ入ることが出来た。

山桜は幹だけを薪として活用した(今年、暖かく燃えてくれました)ので、中小の枝が残っていた。

枝を重ね置いた隙間からも笹が生えてきている。
半分朽ちかけたそれらの枝を始末しながら、草刈り機で地面を刈ってゆく。

恐ろしく手間がかかる作業。


奥の方に山桜の切り株があった。


2018/2/26/1 



その切り株から、ひこばえが伸びていた!!!

2018/2/26/2 


なんかね、すごく嬉しかった。

殺してはいなかった!
山桜は生きていた!

このひこばえが、薪にしたいほど大きく育った頃、私は生きているのかな。
ま、別に生きてなくても全然構わないけれど・・・。


ピョンチャン五輪の日本勢の活躍も凄いけれど、ワタクシ的には、このひこばえに感動する。


こういう感受性の私は、やっぱり少しおかしいかね !?


・・・


雑草が生え、虫がうごめき出す前に片づけなくてはならない作業がいっぱい!

今週は、うだうだ言ってるヒマもないほど働かなくては。





では、また明日に!








Comment:0
2018
02.25

本と庭仕事で「普通の日」

Category: 未分類


2月25日(日曜日)


段々庭の一番下から、コナラの丸切りを運び上げた!

思っていたよりも多く残っていたので、あの斜面を6往復。

最後は汗にまみれていた。


・・・


午前中は気力のエンジンかからずに、本を読んで過ごす。

黒野伸一氏の「女子は、一日にしてならず」。

再読のはずなのに、さっぱりストーリーを思い出せない。
全体の90%は、ひとり読んでいても下品な笑い声が出るほどの展開だが、最後の最後でかろうじて話が落ち着き、読後感をクリーンにしている。

同氏の作品にしては少し下品だと感じるが、独創的なストーリーは他の作品に見劣りしない。


・・・


室温は15~16度あるのに、本を読んでいるだけでは寒くて仕方なく(暖房はなし)午後から外に出る。

前回と同じく「担い棒作戦」で丸切りの運搬を始める。



これですよ、これ!

2018/2/9/3 

この絵は、江戸時代の醤油の計り売りの図らしいけど、これと同じ要領でコナラの丸切りを運び上げる。

重いのなんのって・・・。

でも、すべて完了!
あとは駐車場に集めた丸切りを割って薪にしていくだけ。

運び上げたついでに、階段通路のあちこちに生えた雑木を伐り倒す。
夏になれば葉が繁って、毛虫の温床になる木ばかり。

最後は汗まみれ!

今日は薪を燃やして暖をとるのではなく、薪の元を運んで身体を暖めた。


・・・


「びわ湖クラシック音楽祭」の京都橘高校の公演チケットも無事確保する。

とりあえず、今日やるべき最低限のことはやった。




明日はもう少し、何かハイレベルなことをして過ごしたい気分・・・。
(今日は今日で意味のある一日だったけれど)






ではまた! おやすみ









Comment:0
2018
02.24

奈良の街なかで、絵を描く!

Category: 未分類


2月24日(土曜日)


お出かけするつもりで用意していたら、村を通る国道が事故のため全面通行止めになっていると防災無線が他人事のようにアナウンスし出した。

国道通れないなら、どこにも出かけられない。

時間を見ながら道路交通情報センターに電話をしてみると、先ほど通行止めは解除されたとのこと。


解除されたら、それも放送してくれよ。


・・・


現役時代の先輩のKさんから、今日、奈良でスケッチの会があるから、気が向いたらいらっしゃいと声をかけて頂いていたので、覗かせてもらうことにした。

屋外ではなく、昨年の「ムジーク・フェスト奈良」に行った際に晩ご飯を食べたKさんの知り合いのお店を借りて、絵葉書を描くらしい。

JR奈良駅から記憶を頼りにうろうろ歩いて、お店を見つける。

絵を描かれてちょっと休憩、という頃合いを見計らって訪ねたつもりだったが、ちょうど今から始めるところ、に行き合わせてしまう。


・・・


昨年3月に我が家に来られたことがあるので、絵の先生のHさんのことも憶えていた。

で、「せっかくですから、○○さんも一緒に描きましょう」と先生に言われ、何十年も握ったことがない絵筆を手にすることに・・・

2018/2/24/1 


こんな感じでお店のテーブルを囲み、花瓶に入れられた蕾をつけた桃の枝とピンクのカーネーションをモデルにして絵を描く。

絵を描くって、こんなに難しかったか・・・!?

桃の蕾やカーネーションを熱心に見つめながらデッサン、そして水彩絵の具で色つけを行う。先生が丁寧にアドバイスしてくださるので、楽しんで描くことが出来る。

最後は先生にちょっと(だいぶ!?)手を入れてもらって完成!
(ちなみに写真右下の絵はKさんが描いたもの。私の絵はその右上に白っぽく写っているやつ)


本当に素敵な時間を過ごすことが出来た。


・・・


Kさんと先生のほかは、京都橘の定期演奏会にもご一緒した現役時代の大先輩のYさんと、今も現役で働いておられるNさんの計4人。

Nさんとは、現役時代に面識はなかったが、話をしていて思い出した。

東日本大震災のとき、Nさんは人の派遣などを調整する部署におられて、私とは結構頻繁にメールのやりとりをしていた人だった。

「N」というメール差出人の署名と、メールの文面がすごく丁寧だったのも思い出した。

初めて会ったけれど、こんな人だったんだ。


・・・


明日は、段々庭に置きっ放しにしているコナラの丸切りの残りを、駐車場に運び上げましょうか。
そしていよいよ薪割りスタート! かな・・・。

そうそう、びわ湖クラシック音楽祭の京都橘の公演チケット発売が明日から!

良い席がとれますように!!!





では、また明日に!









Comment:0
2018
02.23

薪のストック

Category: 未分類


2月23日(金曜日)


来シーズンに向けて確保したコナラ。
(少しクリも混じっている)


2018/2/23 


現在、雨に当たらないように、カーポートの下に置いている。

あと6~7個、段々庭に残っている。
「担い棒」で担ぎ上げてくる苦痛を忘れられず、いまだペンディングしたまま。

次の作業は薪割り。これは結構楽しい。
天気の良い日を選んで、ボチボチ割っていく予定。

・・・

天気が良いといえば、今日は一日ドピーカンだった。

薪置き場からデッキ下へ薪を補充し、空いてきた薪置き場の整理を行う。

雨風をしのぎやすい下の方の薪の隙間では、カメムシが密集して越冬している。
見た目は相当えぐい!

整理の後は、家で読書とピアノ。

真保裕一氏の「ローカル線で行こう!」を再読。
ローカル線の沿線に住んでいる者として、感情移入しやすい物語。


明日は土曜日。

ゴッホ展を観にゆく予定がなくなったので、さて、どうしようか。

どこかにお出かけでもしようかな・・・。





おやすみ








Comment:0
2018
02.22

ヒノキの伐倒

Category: 未分類


2月22日(木曜日)


今日は、お隣の家の南側斜面のヒノキを伐倒する作業を行う。

午前、お隣のご主人から電話があった。
「今日、伐ろうと思うんだけど、手伝ってもらえるかな?」
「喜んで!」

何となく予感はしていた。

いつも私が助けてもらうばかりなので、たまにはお手伝いもしないと。


・・・


6時間かかって伐倒できたのは3本だけ。
(根元が直径50センチ近い大きなヒノキだったので、3本でも頑張ったと思う)

よく書くけれど、斜面の作業は本当に大変!
チェーンソーを使うにしても、足場をしっかりキープしてないと、ズルズルと滑ってしまって危なくて仕方ない。

伐る前にはロープをかけて滑車をつけてウインチで引っ張る準備もするので、時間がかかる。
もちろん作業中はヘルメット被りっ放しだし。

でも、楽しい作業だった。


・・・


作業を終えて洗濯物を家の中に入れて、お風呂に入る。

ストーブ点けて部屋を暖かくして、ウイスキーで身体を慰労する。

良い一日でした!





では、また明日に!









Comment:0
2018
02.21

ゴッホ展キャンセル、おかげで見つけた・・・

Category: 音楽


2月21日(水曜日)


今日の買い物。

長靴、作業用手袋、爪楊枝、割り箸、スラックス用洗濯ハンガー。

完璧!
過不足なし!!


・・・


友人のSからメールがあり、土曜日に約束していたゴッホ展、仕事が入って無理になったとのこと。

残念だけど仕方ない。

ひとりでゴッホ展を観に行くにはモチベーションに不安があり、かといってゴッホ展をキャンセルすると、気分的に面白くないので、ネットでイベント情報を検索する。

すると、京都橘高校が出演するイベント2つのチケット発売情報を知ることができた。
5月4日開催の「びわ湖クラシック音楽祭」と6月23日開催の「3000人の吹奏楽」。

「びわ湖」は、昨年まで「ラ・フォル・ジュルネ音楽祭」として開催されていた催しで、今年から名称の使用権料が課題となって(もともとフランスで行われている音楽祭で、その名を冠した音楽祭が世界各地で開催されているが、結構な額の名称使用料がネックとなったらしい)リニューアルされたとのこと。

京都橘高校は3年連続の出演らしい。
チケット発売日は2月25日。

「3000人」は関西テレビが主催するイベントで、京セラドーム大阪で開催される。
チケット発売日は4月14日。

昨年、「びわ湖」は茶飲み友達のYさんと「3000人」は友人のSと観に行った。
ともに昨日のことのように憶えている。
というか、京都橘の生演奏を鑑賞したイベントは、すべて鮮明に憶えている。

引きこもりというか出不精というか、いずれにせよ出かける目的が少ないジジイを引っ張り出してくれて、同校吹奏楽部さんには本当に感謝!


・・・


結局、週末あたりで目ぼしいイベントは見つからなかった。
これは庭仕事に精を出せ!ということか・・・。


ピアノを弾くことが楽しい!

風邪も全快したし、もう少しの寒い季節を楽しく過ごせそう。

ピアノと本と庭仕事。 これが楽しく暮らす3元素!





おやすみ








Comment:0
2018
02.20

キノコ菌の植菌~里山ボランティア

Category: 未分類


2月20日(火曜日)


炊き立てのご飯でおにぎり作るのあきらめて、予定時間をオーバーして起床。

昨晩炊いたご飯をチンして弁当作り。
おかずはサケの切り身、タマゴ焼き、ほうれん草。

今日もお隣のご主人の軽トラに乗せてもらって里山ボランティア。


・・・


今日はキノコの植菌。
伐り溜めてあるコナラやハンノキなどに、シイタケ、ヒラタケ、ナメタケの菌を植菌していく。

シイタケ菌は、原木に穴をあけて駒菌を打ち込んでいく。ナメタケは原木を2つに切って一方を縦に置き、その上部にオガクズと混ぜた菌をまんべんなく敷き、その上にもうひとつの原木を載せて密着させる。

私はナメタケの方の作業を行ったが、林の中につくる原木の置き場づくりやチェーンソーで原木を2つに切る作業など、神経を使うし身体も使ってフ~ラフラ!

特に置き場づくりは、斜面なので整地が難しい。
平らな地面にしないと原木が倒れてしまう。
(何度も倒れて、ナメタケチームは疲労困ぱい!)

疲れたよ~!

植菌と設置が終ると、原木のまわりに杭を打ってロープを張り、最後に葉の繁った常緑樹の枝で原木の周囲を覆って完成。


シイタケなどは収穫出来るまで1年半かかるとのこと・・・来年の秋 !?
ナメタケは今年の秋には収穫出来るという。


・・・


今日は一日良い天気。
気温も上がって過ごしやすかったというか、作業中は汗をかくほど。


長靴の側面が5センチほど裂けてしまった。
長靴はあらゆる作業の必須アイテム!

買わなくては・・・






おやすみ









Comment:0
2018
02.19

喜びの表現、感謝の表現

Category: 未分類


2月19日(月曜日)


ピアノレッスン。

驚くほど上手く弾けて、先生は喜び、私はビックリ!!
予想外!!!


・・・


午前、家で練習しているときは散々な出来だった。

今まで普通に弾けていたところを間違い、どこがどう間違っているかも分からない。
ああ、老化で記憶力が・・・。そう思った。

ま、仕方がないと諦めてレッスンに臨んだら、めちゃくちゃスラスラ弾けた。
どうなっているのかね?

結局、老化というより練習が足りないのだろう。
午前の練習で失敗しながらもカンが戻ってきて、レッスンでは上手く弾けたんだろう。


一所懸命に練習していないからこんなレベル。


・・・


レッスンの後、茶飲み友達のYさんとお茶し、穴があいてYさんに修繕をお願いしていたセーターが、綺麗に修繕されて返ってきた。おまけに金平ゴボウやいろんなキノコの煮物なども頂いて、お礼の言葉もない。

私も、地元で今売出し中の抹茶羊羹を持参し、お礼の気持ちを込めてお渡しした。
(ついでにピアノの先生にも同じものを進呈した!)


私は感謝の気持ちを伝えるのが昔から下手で、タイミングよく気の利いた言葉も浮かんでこないし、結局、なにがしかの品物を進呈するしか感謝の気持ちを表わせない(それさえタイミングを逃して気まずくなることも多々あった)。

そういう自分を自覚して、最近はコンビニやスーパーのレジでもニッコリ笑って「ありがとう」と言葉に出して言うように心がけているけれど、まだまだ板についていない。
(というか、怪しいジジイにしか見られていないと思う)

・・・

昔、仕事を通して知った子で、とても自然に“喜び”を表現する子がいた。

その子は、ごく軽度の知的障害があったが、人からの好意に対する喜びを素直に、本当に素直に表現する子だった。

わざとらしく喜んだり、人に見せびらかすような喜び方ではなく、心の底から湧き立つ喜びの感情をそのままのかたちで表しているだけなんだろうけど、まわりの人をとても心地良い気持ちにさせてくれる喜びの表現だった。

このような感情表現をされると、それだけでもう十分という気分になる。

その子を思い出すと、品物でしか感謝の気持ちを表わせない自分は、単に小賢しいだけに思えてくる。


・・・


明日は里山ボランティアの日。

出来れば帰りにでも炭焼き小屋のKさんのところに寄って、分けてもらったコナラのお礼に、今日買ってきた「最中」の詰め合わせを届けたい。


 ・・・ やっぱり、私は小賢しいな。





おやすみ







Comment:0
back-to-top