FC2ブログ
2017
09.30

再開、草抜き

Category: 未分類


9月29日(金曜日)


午前、車検費用を払うため〇△自動車へ。

その前にお金をおろすためJAバンクに寄ったが、家で貯まっていたジャリ銭をついでに両替してもらおうと持参した。

弁当箱くらいの大きさの洋菓子の空き缶に、1円、5円、10円玉ばかりがいっぱい入っていた。
当然、金銭選別機でダダ~と計算して5分もかからずに終わると思っていたが、、、

なんと手で数え始めた!!!

そのうえ、両替だと手数料が必要で、通帳への入金だと無料だという(当たり前やね!)
1,000円前後だと思っていたので、ここから手数料引かれたらバカらしいと思い、入金にしてもらった。


たっぷり20分ほど待たされて名前を呼ばれる。

ジャリ銭は、1,549円だった。


・・・


午後、段々庭2段目の草抜き。

先日の作業で残した所。
気合を入れてしゃがみ込み作業開始。

今頃、クモが異様に頑張って、あちこちに巣を張っている。

この頃はクモの巣が顔に引っ掛かっても、さほどギャ~ギャ~騒がなくなった私だが、抜いた草を移動したりするときに頻繁に引っ掛かるので、先にクモの巣を取り除くことにした。

その辺に落ちている枝を拾って、グルグルと巣を巻き取っていく。
立ったついでに、伸び放題に伸びている木の枝をカットすることに。

ウメ、グミ、白モモ・・・

70年代のロングヘアを、ベリーベリーショートヘアにするように刈り込んだ。

枝の刈り込みが終わると、目に映る風景が驚くほど変った。
見通しが良くなって、気持ち良い。


結局、草抜きは今日も完了せず。

ススキのような草が多く、ススキほどではないがやたらと根が頑丈で、抜くのに苦労した。

両手の指関節が今もほのかに熱い。


・・・


夜の始めにかけてピアノ練習。

一進一退の状況。
今日は「一退」だったかも知れない。



明朝は、今朝よりも冷えるとのこと。

いよいよ、やね・・・




おやすみ









スポンサーサイト



Comment:0
2017
09.29

竜馬がゆく、で、オレは?

Category: 未分類


9月28日(木曜日)


「竜馬がゆく」全8巻(文春文庫新装版)読了。

いや、はや、、、

恐れ入る、しかない。


・・・


還暦にして読み返すと、坂本竜馬という人の生き方が眩しくて、それに比べて我が人生があまりにスカスカ、ブヨブヨで、穴があったら入りたい心境になる。

思うにここ数日の憂鬱は「竜馬がゆく」を読みながら、我が人生を振り返っていたことが原因なんだろう。

こんな歴史上の偉人と我が身を比べること自体笑止千万。それはよく分かっている。

残された寿命は10年か20年か・・・。
きっと私ごときには、天命なんてないのかも知れない。

ま、我が身ひとつを生かしていくためだけに、生きていくわさ。


やはりこういう本は、青春の入口付近の年齢で読み、これから人生を切り開いていく人の糧とすべき本なのだろう。


・・・


ピアノ練習。

たった2日で、結構弾けるようになったと思う。

次回のレッスンはまた3週間後なので、今度こそスラスラ弾けるようになって、先生を驚かせてやりたい。




おやすみ







Comment:2
2017
09.28

明日は、きっと大丈夫!

Category: 未分類


9月27日(水曜日)


気力は朝から最低・・・

何を考えても、ネガティブにしかならない。


・・・


歯を磨きながら、鏡に映る顔を眺めて「老けたな~」とため息をつき、朝、何気なく着たボーダー柄のTシャツを疎ましく思いながら一日着て過ごし・・・。

それでも昨日決めた“最低限の目標”であるピアノ練習を午前中に行うも「才能がない、なんて下手なんだ」と落ち込み、気を取り直して「竜馬がゆく」を読むと、幕末志士たちの煮えたぎるような情熱に圧倒され、ボンヤリ生きている自分自身にあきれてしまう。


・・・


夕方、今日が北海道に住む友人の誕生日であることを思い出し、メールを送る。

しばらくすると返信があり、元気に暮らしているとのこと。
この返信メールを見て、今日、初めて心がくつろいだ。


今日はこんな日なんだろう。

明日はきっと気力充実した日になるに違いない。

そう願って、ハイ、今日はこれまで!





おやすみ








Comment:0
2017
09.27

とりあえずの目標

Category: 未分類


9月26日(火曜日)


ピアノレッスンから帰宅して、しばらくレッスンの復習をする。

こういう行動はめずらしい。


・・・


かつかつの現状維持・・・か、やや後退、という出来栄えだった。

当然ですね、ほぼ練習してないに等しかったし。

やっぱりこれではアカンやろ!と真剣に反省し、これからたとえ時間が短くても毎日練習しようと決めた。

秋は庭仕事がいっぱいだけれど、とりあえず次回のレッスンまで毎日ピアノを弾こう。
(これくらいの低い目標が私には合っている)


・・・


明日の雨は夕方からになるらしい。

段々庭2段目の草抜きが中途半端になっているので、明日、片づけてしまおう。
それから、そろそろ薪の準備もしないと・・・。


台所の水仕事が、日を追うごとに冷たさが増してきているように思うのは、気のせい !?

ってことは、もう直ぐゴム手袋とハンドクリームの季節がやってくるなぁ・・・。




では、また明日に!







Comment:0
2017
09.26

鮎の塩焼き、初挑戦!

Category: 未分類


9月25日(月曜日)


2日続けての外出の翌日。今日はゆっくり朝寝坊・・・。

と、まどろんでいたらピンポ~ン!

私はよっぽど間の悪い人間らしい。


・・・


2階の窓から覗いてみると、隣組のMさんが「お~、また本読んでんのか~!」
寝間着のまま、あわてて玄関に向かう。

Mさんは隣組の福祉担当で「こんど公民館で映画会があるよって、よかったら参加してや」とチラシを持参されていた。

チラシには「○○地区ふれあいサロン映画会。昼食付。対象は概ね65歳以上の人」と書いてある。

たしか昨年も同じようなチラシを受け取った記憶がある。
(私はまだ65歳には、ちょいと間があります、って言うべきか)

「それとな、これ、ま、食べて~や!昨日釣ってきたんや」
と、フリーザーバッグに入った10尾ほどの鮎を頂いた。

「うぉ~!凄い!どこで釣られたんですか?」
「○○橋あるやろ !? あの橋の下でな」
「ありがとうございます」


天然の生の鮎を頂いたのは初めて・・・。

どう調理すればいい !!!???


・・・


とりあえず2尾だけを夜食べるつもりで冷蔵庫に入れ、残りを冷凍庫にしまっておく。

夕方、ネットで「アユの塩焼きレシピ」を見て学習する。

〇 表面のぬめりは塩水できれいに洗い流す・・・ なるほど。
〇 体内に残っている排泄物を腹部からしごき出す・・・ ほぉ~。
〇 キッチンペーパー等で入念に水分を拭き取る・・・ なるほど。
〇 塩を均等に振るいかける・・・ ふむふむ。
〇 予め十分に熱したグリルに入れ、中火で4~5分ずつ裏表を焼く・・・ ふむふむ。
〇 その後は弱火にしてじっくりと焼く・・・ ほぉ~。


これだけ学習すればバッチリだ!と、実践に取り掛かる。


結果は、、、

出来上がりを写真に撮ったが、あまり美味そうに撮れてなかったので、アップはやめておく。


・・・


今年は“タマスダレ”が、きれいに咲いている。

2017/9/25 


3年ほど前に、茶飲み友達のYさんからたくさんの球根を頂き植えたが、昨年までは花が付かなかった。

それが今年、“よっしゃ~!”という勢いで咲き出した。

清楚な感じで、見ていて気分が良くなる花。


・・・


明日はピアノレッスン。

練習の成果 !?

聞くまい、聞くまい・・・




では、また明日に!







Comment:0
2017
09.24

オカリナ・コンサート

Category: 音楽


9月24日(日曜日)



今日は、これに行ってきた。


2017/9/24 


オカリナと歌を中心とした・・・ 写真のチラシにあるようなコンサート。

車と列車を乗り継いで1時間半かけて出かけた。


・・・


ただ単に目的地までの移動時間と思ってはもったいない。
昨日もそうだったが、移動している時間も楽しむ。

駅に向う車の道沿いの風景はさすがに見慣れたが、列車の車窓からの眺めはまだ飽きない。
それに駅や列車や街なかですれ違う多くの人間・・・。

大げさではなく、日常、人と接する機会が極端に少ないので、すれ違うだけでも緊張する。

やっぱり出かけるだけで、それなりの刺激がある。


・・・


オカリナの音色も良かったが、二胡の独特な哀愁を帯びた音色に聞き惚れた。


こういうメジャーではないが味わいのある演奏家のコンサートなどが、当たり前のように開催されるのは、やはり都会ならではだと思う。

田舎に住まうことの最大のデメリットは、様ざまな“文化”に触れる機会があまりに少ないこと。


“芸術の秋”でもあるし、こういう催しには積極的に出かけよう・・・かな。


・・・


明後日、ピアノレッスン。


“芸術の秋”は、日々のピアノ練習からではないのかね !?


仰る通りで・・・・・・・・・。







Comment:0
2017
09.23

関西マーチング・コンテスト 2017

Category: 音楽


9月23日(土曜日)



今日は、これに行ってきた。


2017/9/23 


関西から全国大会へ出場できる枠は3つ。

その3校は・・・

① 箕面自由学園高校 ② 淀川工科高校 ③ 滝川第二高校



京都橘高校は、代表に選ばれなかった。


・・・


今日はたいへんブルーな気分。

なので、私が各校の演奏・演技を観て、その場で予想した成績と、実際の審査結果を以下に載せる程度で今日は終わりたいと思います。

*出場校は、金・銀・銅いずれかの賞を授与される。それを各校の演奏直後に予想した。

            私の予想   審査結果  的中/はずれ
① 滋賀県立河瀬高校    銅      銅     ○
② 大阪市立扇町総合高校  銅      銅     ○
③ 東海大付属仰星高校   金      銀     ×
④ 京都橘高校       金      金     ○
⑤ 龍谷大平安高校     銀      銀     ○
⑥ 箕面自由学園高校    金      金     ○
⑦ 大阪学芸高校      銀      銀     ○
⑧ 大阪府立淀川工科高校  金      金     ○
⑨ 尼崎市立尼崎高校    銀      銀     ○
⑩ 滝川第二高校      金      金     〇
⑪ 近江高校        銅      銅     ○
⑫ 和歌山県立星林高校   銅      銅     ○
⑬ 京都府立京都すばる高校 銀      金     ×
⑭ 尼崎市立尼崎双星高校  銅      銀     ×
⑮ 奈良県立郡山高校    銅      銅     ○
⑯ 早稲田摂陵高校     金      金     ○
⑰ 京都両洋高校      銀      銀     ○


正直、淀川工科高校と滝川第二高校は少し抜きん出てたと思う。
箕面自由学園と京都橘、それに早稲田摂陵の3校は、横一線だと感じた。



どこの学校も一所懸命練習し、各府県大会で代表になり、関西大会に出場したのだから、大したもんだ。皆さんの努力に拍手を送ります。

楽しい一日を過ごせました。ありがとう!






おやすみ









Comment:2
2017
09.22

リカバーの日

Category: 未分類


9月22日(金曜日)


昼過ぎあたりから、肩と腕がパンパンになってくる。

午前にSさんから電話があり、身体が少し痛いと言ったら、私の体格と自転車の各部分のサイズが合っていないのではないか?と言われた。

そうかもしれない。

これから自転車で野山を駆け巡ってやる!と決心すれば、自転車のプロショップで私の体格に合うようにカスタマイズしてもらおう。


・・・


なので今日はリカバー、というか身体休養の日にした。

基本、一日「竜馬がゆく」を読む。

文中に「竜」の読みは、本来「りょう」と読むのが正しく、俗な読み方として主に東日本で「りゅう」という読みが使われた、とあった。

司馬遼太郎氏の歴史小説は、単なる“小説”じゃなく、歴史的事実が背景にあり、その背景をも丹念に描かれているのが読んでいて楽しい。

同氏と同様に、歴史的事実を元にしたうえで、現代には伝わっていない歴史の闇の部分に、著者の豊かな“想像と創造”を注ぎ込む技法で作品を著されたのが隆慶一郎氏だと思う。

隆慶一郎氏の「影武者・徳川家康」なんて、何度読み返してもゾクゾクするものね~。


・・・


明日は、いよいよ「関西マーチング・コンテスト」。

予定では午前6時50分に家を出発するつもり。

なので今日は早めの就寝!





おやすみ!







Comment:0
2017
09.22

自転車は楽しい、そして憂鬱

Category: 未分類


9月21日(木曜日)


今日は、これ!

2017/9/21 
(この写真を撮った時はゴキゲンだったが…。山の中のダムにて)


午前10時に山の中のレストランでSさんと待ち合わせ、なんだかんだと準備に1時間半も費やし、結局1mも走らないで先ずは昼食を食べることに・・・。

食後、やっと出発。

目的地は、ちょいちょい行く山の中のダム。
距離自体は大したことない。6~7㎞ほどか。

ただし坂がある。

行きの上り坂はほぼ一直線で、距離も500mほど。これは何とか登った。

行きの下りは、上りに比べて距離が長い。
スタート地点のレストランより、目的地のダムの方が標高が低いということ。

このことはつまりダムからの帰り道では、上る距離が長くなるということになる。
その距離、およそ3㎞。
おまけに道がうねうねと曲がりが多い。


この帰りの上り坂が地獄だった。。。


・・・


腕が痛い、手首が痛い、首が痛い、肩も痛い・・・。
心肺機能は極限を超え、両足には乳酸がどんどん溜まる。
パッド付きのパンツを穿いているのに、お尻の痛さもハンパじゃない!


ゴール地点である山の中のレストランに到着してから、しばらく声も出なかった。

な、な、なんというテイタラク・・・

Sさんはとっくにゴールされていて、自転車の分解も終わっていた。

Sさんは70歳を軽くオーバーする歳である。
Sさんが壮健過ぎるのか、私が軟弱過ぎるのか・・・。


・・・


楽しかった。


でも、考えさせられた。

身体を鍛えるべきか?
自転車をあきらめて、楽に生きていくべきか?


しばらく悩みそう…




おやすみ






Comment:0
2017
09.20

焼きトウモロコシ、電動ヘッジトリマー

Category: 未分類


9月20日(水曜日)


先日の台風が通り過ぎた翌日、ミモザの木が強い西風を受けて東側へ45度傾いていた。

とりあえず押し戻し、緩くなった添え木を掛矢で強く打ち付けておいたが、今日見てみると、また東(左)側に少し傾いてる。

2017/9/20/1 


なので、添え木に支え棒することにした。


2017/9/20/2 


これで大丈夫だろう。

見かけは大きくなったが、根の張り具合がまだ弱いのかね。

来春に咲く花の、小さな小さな蕾がすでについている。


・・・


さて昼食でも作ろうかと考えている時にお隣から電話があり、焼きトウモロコシをくださるとのこと。

待つこと5分で、お隣のご主人がアツアツのを2本持って来てくださった。
これは今食べるしかないとカブリつき、台所で立ったまま、あっという間に平らげる。


空腹感がなくなったので、そのまま食材の不足を購入するため、となりまちのスーパーへ向かう。
レタス、小松菜、コーヒーフレッシュ、菓子パン、ピーナツバター、タマゴ・・・。


帰宅後、お隣から電動ヘッジトリマー(庭木などの剪定・カット等を行う道具)をお借りし、各段々庭の間の斜面に生えているモチツツジなどを思いっきりカットする。

電動ヘッジトリマーは、少々太い枝でも楽々と切ってしまう。


てぇ~した道具だ!


・・・


明日、仕事の先輩Sさんと、山の中のレストランで落ち合い、そこらへんの道を自転車で走る予定。


楽しみではあるが、その百倍ほど不安である。




では、また明日に!








Comment:0
back-to-top