FC2ブログ
2017
01.30

冬の景色

Category: 未分類



一日をとおして、結構真面目にピアノ練習。

明日、3週間ぶりのレッスンなんで。

でも、昔(10年ほど?)に比べて、指の動きを憶えるのが格段に遅くなった。
弾き間違いも、多くなったような…。

年齢 !? 

それとも練習不足 !?


そりゃ、、、練習不足だろう、、、、そういうことに、、、、、しておこう、、、、、、、、





ピアノの合い間に、リフレッシュがてらカメラを持って外に出る。


2017/1/30/1

栗の木。 植えて5年ほどになるか。

そろそろ実をつけてくれてもいいんじゃないの !?



2017/1/30/2


ここ2か月ほど、我が家のまわりを飛びまわっているジョウビタキ。

5メートルくらいの距離なのに、逃げようとしない。

可愛げがあるのか、ないのか。


2017/1/30/3

ミモザ。

こんなに寒いのに、もう、ほのかに黄色い蕾をつけている。

満開のときは、それはそれは見事! 楽しみやね~!



2017/1/30/5

そして、梅の木。

実は成るけれど、ここ数年、いつも収穫前に落ちてしまう。

どうか今年は収穫させておくれ。 美味しい梅酒を作らせておくれ。





明日のピアノレッスン、買い出し以外でのお出かけは、ひょっとして山口&北九州以来か !?


暖かくなったら、もう少しは外出しよう。

今は、まだちょっと…。



では、明日に!






スポンサーサイト



Comment:2
2017
01.30

BGM

Category: 未分類



昨日、今日とドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」を聴いている。

youtube→ドヴォルザーク 新世界より

以前にも一度書いたと思うが、この曲を聴くとドヴォルザークの“どや顔”が目に浮かぶ。

「どや!めっちゃ感動する凄い曲やろ !!!??? な !? な !?」


きっと、彼の自信作だったに違いない。





午前、ピアノを弾いている時は晴れていたが、午後になると曇り空になり、やがて雨が降り出した。
なので、薪づくりは延期。

昨日の「フリーター、家を買う。」に続いて、同じく有川浩氏の「植物図鑑」を本棚から出して来て読みだす。


仕事からの帰り道、OLのさやかの住むマンション前の芝生の上で倒れ込んでいた行き倒れの青年イツキ。

「お嬢さん、よかったら僕を拾ってくれませんか」
「ひ・・・拾って、って。捨て犬みたいにそんな、あんた」
「噛みません。躾のできたよい子です」

素敵な物語だな…。 読むたびに思う。

こういう甘くセツナイ本は、ドヴォルザークよりメンデルスゾーンをBGMに読んだ方がいい。

おすすめのメンデルスゾーンはこちら…

youtube→ヴァイオリン協奏曲ニ短調





もっと気合いを入れて練習しないといけない。

たとえ趣味であっても、マジで取り組まないと成果も満足感も得られない。

テンション高める方法はないものか…





おやすみ








Comment:0
2017
01.29

作者名、間違っていました。

Category: 未分類



昨夜のブログで、「フリーター、家を買う。」の著者を宮部みゆき氏と書きましたが、正しくは有川浩氏でした。

間違ってしまいすみません。

ブログに本の感想などを書くときは、いつもその本を手元において書いています。
昨夜も、「フリーター、家を買う。」の文庫本を片目で見ながら書いていたにもかかわらず…。なにを思い違いしていたのでしょうかね。


とりあえず訂正です。




Comment:0
2017
01.29

炊飯器

Category: 未分類



となりまちにあるJAストアへ、ちょこっと買い物に出かける。

今日は暖かくて身体が軽く感じる。
おまけに空は雲ひとつない快晴で、3月の梅のシーズンが一気に来たような感じだ。





家に帰ってしたことは、ピアノ練習、車の洗車、それから読書。

未読本の在庫がゼロの状態が続いていて、今日は本棚から宮部みゆき氏の「フリーター、家を買う。」を取り出し再読した。
同氏の作品は文章がノドに引っ掛からないので、スラスラと読めてしまう。

文章力、ストーリーの構成力、登場人物のキャラ設定、どれをとってみても素晴らしい。
小説を書く才能に溢れている。 …羨ましいかぎり。

こんな宮部氏だが、就活は悲惨だったらしい。

何十もの会社を落とされ、ひとつとして採用通知を貰ったことがないという。
(「フリーター、家を買う。」の著者あとがきに書かれていた)
そんな経験も、この作品には活かされている。

“若い時の苦労は、買ってでもせよ”って、つくづく真実だと思うな~。





晩ご飯。

米を研いで炊飯器にセットし、それから風呂に入り、上がってウィスキーを一杯呑み、「ブラ・タモリ」を見てからおかずを調理し、さあ食べようと炊飯器を開けたら、スイッチ押すの忘れてて、ご飯じゃなくコメが入っていた。

笑うしかないね。。。



明日は、午前ピアノ練習、午後は庭仕事の予定。


チェーンソーを使って、残っている太めの枝をカットします。




では、また明日!







Comment:0
2017
01.28

二日連続の…

Category: 未分類



二日続けて湯沸かし器へつながる給水管が凍結した。


水が流れ出したのは10時半くらい。
昨日より多少早かったけど、こりゃ何か対策を考えないとな…。





というわけで、今日も作業は午後からスタート。

先ずは、段々庭に置いていた薪を駐車場まで運び上げる。

2017/1/27



一輪車のタイヤの空気圧がユルユルだったので空気を補給したら、意に反して操作がしにくくなった。

な~るほど…

ロード用自転車の空気圧は高くするが、ダートを走るマウンテン・バイクなどは、若干空気圧低くするもんね。
我が家のデコボコ斜面を押し上げるのは、どうみてもダート走行。空気圧低い方が良かったんだ。

いつにも増してゼイゼイ、ハァハァを連発して、なんとか運び上げる。


お次は、すでに運んであったカットしていない枝のカット作業。
道具はノコギリ。

午後になると、変な南西の風が吹き出し、気温も変に上昇する。

気色悪い暖かさ…。

5時過ぎまでノコギリで切りまくり、区切りのいいところで終了する。





予報をみると、明朝も気温はマイナス3℃。


寒冷地の皆さん、給水管の凍結って、どうやって防ぐのですか?



って、ネットで検索すれば分かるかな…。





おやすみ!






Comment:0
2017
01.26

湯沸かし器が冷え込みで…

Category: 未分類



この冬一番の寒い朝、というか、この地に転居してきてから一番の寒い朝だった。


木枝に白く輝いているのは霜?氷?

2017/1/26/1


なんか冷蔵庫の野菜室より冷気が厳しいぞ!





湯沸かし器が作動しない。

ソーラー温水器から湯沸かし器につながっている管は、けっこうすぐに凍結するが、今日は、普通に水道管からつながっている給水管が凍結した。

つまり、万事お手上げ…

お湯がなくては朝の身づくろいが出来ない。
(というか、やる気がしない)

温水の蛇口を開けっ放しにしていても、ポツリ、ポツリと水滴が落ちるだけ。

この状態でお昼前まで様子を見たが、一向に復旧しない。
こうなりゃ荒療治だい! と、お湯を沸かし(湯沸かし器を通らない水は普通に出た)、湯沸かし器につながる給水管にぶちかけてやった。

それから数分後…

ポツリ、ポツリだった水の出が、徐々に量を増し、そしてやっとのことで通常の水量が出るようになった。


対策を考えるべきか、それとも、こんなことは二度とないと思うべきか。





昨日のブログに載せた写真では、私の作業の成果が分からないと思い…


こんな写真を撮ってきた!

2017/1/26/2


駐車場から南側斜面の林を見下ろすアングルで撮った写真。

伐採した木を解体し、傾斜に対して垂直にして、きれいに置いているでしょ !?
もちろんこれは作業した場所の一部。

一見、細く見えるヒノキだが、これらでも軽く10メートル以上の樹高があって、ハンパなく重い!


木を扱う作業を侮っては危険です。





昨年の6月に、お隣の庭から分けてもらったモクレンの枝で始めた挿し木。

芽をつけている。

2017/1/26/3


5センチほどの小っちゃい挿し木だが、すごく楽しみである。

梅雨の季節になったら地植えする予定。
場所も決めてある。

このちっちゃな挿し木がいつしか大きく育ち、真っ白の、あるいはピンクの花をいっぱい咲かせている風景が、目に浮かぶ。


めっちゃ楽しみ!







では、また明日!







Comment:2
2017
01.26

成果が・・・見えない

Category: 未分類



朝10時から、お隣のご主人と一緒に、南側斜面の伐採作業。


この作業、マジに疲れる。





間伐が全くされていない林なので、木を切れば、必ずまわりの木々に絡まってしまって倒れない。

そんな状態の木を、ロープで引っ張ったり、掛矢(大槌)で叩いたり、押したり引いたりして倒し、枝を落として幹を適当な長さに切断し、林の中に横たえていく。

結構ハードな作業だし、お隣のご主人とのチームプレーなので気も使う。



一応ですね、ビフォー&アフターの写真撮ったのですが、あまり成果が分からない写真で…

こちらが作業前

2017/1/25/1


で、これがアフター

2017/1/25/2


ね、ほとんど違いが分からないでしょう !?
(あんなに頑張ったのに…)

今日は林の中で思いっきり転んで、したたかに尻を打った!

午前午後合わせて5時間強の作業。
晩ご飯前に焼酎のお湯割りを一杯呑んだら、意識が遠のいてしまった。





明日は買い出しや支払などで、少しお出かけ。


そろそろピアノの練習をしないとな。




それでは、また明日に!






Comment:0
2017
01.25

“宇宙”は般若心経!?

Category: 未分類



今朝も厳しい寒さ!

朝、布団の中で目覚めた時点で寒い。


こういう日は、何かをしようという意志エネルギーが湧かない。





頭の中では、やりたい事・やるべき事のリスト・アップは出来ていた。

① 段々庭に置いてある薪を、薪置き場まで運び上げる。
② 運び上げてあるコナラの枝を、薪サイズにカットする。
③ 運び上げてあるコナラの幹の輪切りで薪を作る。(薪割り!)
④ 筑前煮かクリームシチューを作る。
⑤ 洗濯する。


実行したのは、⑤だけ!!

頭から“行動しろ!”と指令が出るが、身体が受け付けない。

結局、リビングで毛布に包まり「宇宙が始まる前には何があったのか?」(ローレンス・クラウス著・青木 薫 訳)を、震えながら読む。

そして、ついに読了する!
この本のタイトルの答えも分かった。

結論は、、、、、





“無” ・・・だってよ。  “宇宙が始まる前には、「無」があった” ということか…。


ただ、この“無”の定義が、量子力学や一般相対性理論、宇宙論などにおいては諸説あるらしいが、近年は「何もない空間=無」ではなくて、「空間も含めて何もない=無」という推論が主流になってきているらしい。(著者が支持する推論か !? )

興味深いのは、“無”から始まった宇宙が、やがてまた“無”に戻るという推論が、様々な観測データの解析や理論物理学から成り立つというのだ。


まるで「般若心経」の世界を思わせる。

色不異空 空不異色 色即是空 空即是色
(形あるものは実体がないものと同じであり、実体がないからこそ一時的な形あるものとして存在する。従って、形あるものはそのままで実体なきものであり、実体がないことがそのまま形あるものとなっている)





チンプンカンプンで何も理解出来なかった本だが、なぜか面白かった。


私の人生に似てるのかな。


チンプンカンプンで何も理解出来なかった私の人生やから。





明日は、また伐採作業! with お隣のご主人と!!




おやすみ!!!






Comment:0
2017
01.24

雪の日の焚火

Category: 未分類



今日はペットボトルの回収日。

暖気運転してから、回収場所の集会所前まで持って行く。

帰って来て思い出した。

今日は、お隣のご主人(最近、お隣のご主人しか登場してないんじゃねぇか!?)と一緒に、伐採作業をする約束をしていた。





10時からの約束だが、9時半頃にはかなり本格的な雪が…。
お隣に電話してご主人と相談し、とりあえず始めることになった。

ゴムの作業用手袋をしていても、指先がこごえて思うように動かない。

作業しようにも身体がカチコチなので、まずは焚火をして暖まることになった。

薪置き場の横に置いているドラム缶を引っ張り出し、段ボールやヒノキの葉っぱなどを放り込み火を点ける。
それから、林の中にいくらでも落ちている木枝を拾ってきて、適当な長さに切って放り込む。

不思議なもので、まだ火が十分に燃え広がっていないのに、小さな火の姿を見ただけで、手指のこごえが溶けてゆく。


焚火で暖まり、作業を行う。
冷えてきたら、また焚火で暖まる。

こんな感じで午前を終える。





午後、約束の時間になって外に出てみると、かなりの勢いで雪が降っている。

やって来られたご主人に「今日はもう止めておきましょうよ」と言うと、
「うむ、その方が無難ですな」

道具を片づけ、家に入る。

リビングの室温、かろうじて10℃をキープしている程度。
即行でストーブに火を入れる。


雪が降り続く。ときに強く、ときに弱く…





明日も曇りと雪マークなので、外での作業は無理だろう。

何か手の込んだ料理でも、昼間から作ってみようかね。

それとも、針と糸を付けたまま放置している、靴下の踵のつぎあてに再挑戦してみるか。




では、また明日!







Comment:0
2017
01.23

分からないけど面白い本

Category: 未分類



朝霧だったので今日も良い天気だと思っていたら、騙された。

昼前からにわかに曇り出し、やがて、雨や雪やみぞれが降り出した。


なので、今日は何もせず。





“何もしない”の中身は、洗濯と読書、それから大相撲中継か。





「宇宙が始まる前には何があったのか?」(ローレンス・クラウス著・青木 薫 訳)

7割ほど読み進んだが、書いてあることの98%くらいはチンプンカンプン!まったく分からない。
でも、なぜかすごく面白い!

最初は、物理学・数学的な説明部分はナナメ読みしていたが、文章の大半がそういう記述なので、その部分を真剣に読まないと意味がないと思い、きっちりと読むことにした。

するとこれが面白い。
真剣に読んでも、意味が分からないのだ!

例えば…

「もしも時間とともに宇宙の膨張が加速しているなら、膨張が減速していると推論した場合よりも、今日の宇宙は年をとっているだろう。その場合、同じ値の赤方偏移(つまり後退速度)を持つ銀河を見たとしても、より遠い過去を見ていることになる。」

この文章が言わんとしていることを、1時間かかって考えても分からない。

もちろん、前後の説明文との関連もあるので、その前後を含めて読むと、何となく分かったような気になるのだが、でもやっぱり分からない。


この理解出来ない文章を、一所懸命理解しようと考える作業が面白い。

ただし、頭を使うので、長時間はムリだ。
30分読んで10分休憩し、そしてまた読む…、みたいな感じになる。





たまには、こういう本でも読んで頭を使わないと、思考力がさび付いてくる。



明日も、雨か雪らしい。

鬱陶しいな。





おやすみ






Comment:0
back-to-top