FC2ブログ
2014
12.31

冬、来たりなば…。

Category: 未分類
冬、来たりなば、春、遠からじ。
寒風のなか、桃の木に、春を待つ芽が可愛らしい。

春、遠からじ!


大晦日も、開拓の庭仕事に精を出した。
気持ち良かったな。
うちの庭(といっても地目は「山林」)は、こんなに広かったのか!

開拓2日目


俗世間の彼岸で暮らしていると、やっぱり大晦日も関係ないなあ。
ま、少しだけ、俗世間を覗いてみようと、NHK紅白歌合戦を約1時間見た。

隔世の感! 

歌手も曲も、ほぼ知らない。 歌のどこが良いのかわからない。 
って、Fにメールで愚痴ったら、「知る必要もないし、わかる必要もないんちゃう !? 」 というご返事が…。
仰るとおり! 林住期ジジイが愚痴る必要ないわな。


今年は終わり、明日から2015年。平成27年。 
ジジイは年を忘れがちなので、間違えないようにしないとね。


皆さん、来年もお元気で!

スポンサーサイト



Comment:0
2014
12.30

段々庭開拓使!

Category: 未分類
数年間放置していた、段々庭の4段目より下の段に向かう通路にチャレンジした。

この写真は、作業を行う前の状態。
とても、かつて通路だったとは思えない…。

before

左右の木々は、傍若無人に枝を伸ばし、足元には笹が…。

冬じゃないと出来ない。
虫たちはいないし、しつこいヤブ蚊もオフシーズン。

そして頑張った結果がこれ↓

after

前進出来るようになった距離は、約4~5mか。

まだまだ先は長い!
写真右手が段々庭方面で、庭自体は手つかずのまま(庭自体は恐ろしくて写せていない!)。


生活費をもっと節約しなくちゃと、今は全部購入している野菜の一部でも自作しようと、畑を作ろうと思ったのだ!
そのためには、まず段々庭にたどり着く通路を確保しなくてはいけない。
その第1段階だ。

来春には畑に種を蒔きたい。
間に合うか !?

“林住期”も楽ではない。

こんな年の瀬も、悪くない。




Comment:0
2014
12.29

今年の、12月29日

Category: 未分類
午前。
となりまちへ買い物に行く。
ひび割れ用のクリーム、インスタントコーヒー、トイレットペーパー、袋ラーメン、そして煙草など。
やはり年の瀬である。となりまちに入ると、道路が普段の5倍くらい混んでいる。

午後。
何となく年末はお掃除!の気分で、普段やっている作業を行う。
煤で汚れた薪ストーブの窓ガラスを木炭で磨く。
無心に、窓をこすり続けていると、やがて、窓は驚くほどきれいに!

庭に出て、木枝のカット作業。
あちこちの吹き溜まりに溜まった落ち葉をかき集め、片づける。
以前にカットして放置していた木枝のなかから、薪に使えそうなものを選び、薪置き場に運ぶ。

夕方になり、庭仕事を終えるタイミングで、洗濯機をまわしていたことを思い出す。
暮れなずむ時刻に、洗濯物を干し始めると、パラパラと雨が…。
「明日の予報は晴れだ」と、強気で干し続ける。

ハムを炙って、ウィスキーを呑む。
出し巻タマゴ、ほうれん草、味噌汁で一合飯を食べる。

隆慶一郎の「死ぬことと見つけたり」読了。 
なんという結末! こ、こ、これでは、ヘビの生殺しだ~!
この作家、平成元年に、60代半ばで亡くなっている。
惜しい!


普段と変わりのない、静かな一日だった。




Comment:0
2014
12.28

今年の予定、すべて終了!

Category: 未分類
お湯が出ない。
今日、昼過ぎに家に帰ってきて、コーヒーを飲んでカップを洗おうとした時のこと。
水は出るのに、お湯にすると出ない。

ついにきた!
ガス湯沸かし器(屋外設置。家の北側)まわりの給水管が凍ってる!
オ~、マイ・ブッダ!
Yahoohのお天気情報で、我が村の今朝の最低気温を確認するとマイナス4℃。

結局、お湯が出るようになったのは、午後4時過ぎてからでした。(自然解凍に任せました)


カラオケ忘年会。
昨日、午後4時から10時まで歌いまくりました。
その後、二次会で居酒屋へ。ホテルに帰りついたのは午前2時くらい !? でした。

カラオケ店を出るあたりから、記憶が朦朧となっており、その後の展開は、断片的にしか頭に残っていません。
“アルコール飲み放題”というコースを選んだので、私とFは、テーブルにワインやウィスキーを並べて、意地汚く呑んでいたようです。

ホテルは意外と良かったです。
事前のネット情報、“暗い、狭い、埃っぽい”というほどのものではありませんでしたね。
少なくとも、4人で入ったカラオケ店の部屋よりも広かった!

これで今年のイベントはすべて終了!
明日からは、年末の大掃除を…やるかな !?

その前に、このひどい二日酔いを治さなくては…。



Comment:0
2014
12.26

静かな一日

Category: 未分類
木刀を作ろうと、今、切り出してある木枝を物色したが、手頃なものがなかった。
自然な流れで、薪づくりの作業に移行した。

良い天気 !
ときおり吹く風は冷たいが、ノコギリ作業なので、身体はほのかに温かい。
12月26日という年の瀬に、木々に囲まれて薪づくりしてるなんて、一年前には想像できなかったな。

そういや、去年の年末、ちょうど今頃に、早期勧奨退職に応募したのだった。
ネクタイしめてデスクワークしてた時から一年経って、今や立派(?)なカントリージジイ !!

このギャップが、自分的に面白い。

しばらく作業をして休憩していると、赤いカブに乗った郵便屋さんがやってきた。
庭の向こう端にあるポストに入れようとして私の姿を認めたらしく、切り株に腰かけていた私の前までカブで来てくれた。
「はい、今日は一通ですね」
「ありがとう。ご苦労さん」
と声をかけ、郵便屋さんを見送って手紙をみると、先日訪ねてくれた人からだった。
お世話になったとのお礼状。
社交辞令半分としても、それなりに楽しんで頂けたようだ。

明日は、Fらとのカラオケ忘年会!
前にも書いたが、Fは酔えば酔うほど唄がうまくなる。
私はというと、唄は好きだがオンチの領域に入る。
それでも楽しむために、歌う曲選びを数日前からしている。
私もFも、昭和の歌しか唄わない。

現時点で歌おうと思っている曲は…
「想い出の渚」(ザ・ワイルドワンズ)、「天使の誘惑」(黛ジュン)、「京都の恋」(渚ゆう子)、「花嫁」(はしだのりひことクライマックス)、「たどりついたらいつも雨ふり」(モップス)、「あなたの心に」(中山千夏)、「津軽海峡冬景色」(石川さゆり)

くらいか…。「グッバイマイラブ」(アン・ルイス)は歌いたいけど、Fが歌うだろうな。

で、明晩は帰れないので、“暗い、狭い、埃っぽい”ビジネスホテルに泊まる。
自分が40年以上暮らしていたまちのホテルに泊まるのは、たいへん奇妙な気分である。

今年最後のイベント!
おそらく年末3日間は、誰にも会わないから、せいぜい、人との会話を楽しんでこよう。


Comment:0
2014
12.25

クリスマス考 …から脱線。

Category: 未分類
は、生きるってことは、何もせずとも腹が減るってことなんですね。

今日は、まだ、晩ご飯を頂いていません。
あ~、食べる物はあります。ご飯も炊いています。
でも炊事って邪魔くさい!
生きていくうえで、欠かせないことだけど、邪魔くさい。

ん !?  今日は、クリスマス !?

関係ない!

私は、キリスト教、仏教、イスラム教等々、あらゆる宗教のセレモニー(荘厳)は、意味がないと思っている。
宗教は、個々人の心の中のこと。
他人との比較や、他人を攻撃したりするために、有るものではないでしょ !?

ま、年中行事としてのクリスマスはいいのかも知れない。
大晦日の除夜の鐘も年中行事、仏像は宗教ではなくて“美術品”、法隆寺や東大寺も、宗教ではなくて“歴史的建築物”

宗教心がないのではない。
私は、敬虔な仏教徒になりたいと思ってるけれど、なれない俗物ジジイだ。

本物の仏教徒は、「殺生をしてはならない」を、実践している人。

テレビで見た。

ブータンの田舎で暮らす市井の人びとを取材したカメラは、たかってくる“蚊”をパチンと殺すのではなく、手で払いよけているだけの人たちの姿を映していた。
「殺生」をテーマにした番組ではない。だから、「やらせ」でもない。

日常の風景のなかで、蚊をパチンとする人は一人もいなかった。

俗物ジジイは、「殺生をしてはならない」と知っているくせに、日々、虫や雑草を殺し続けている。


え~っと、 そう “クリスマス”から、話が脱線しました。

高校時代の友人Fと、何回か議論したことがあります。

「今までに、宗教で助かった人と、宗教で殺された人とでは、どちらが多いか !?」

殺された人の方が多い! と主張するFですが、彼も、願掛けに神社に行ったりします。

底なし沼になりそうなので、宗教のことは、もうやめましょう!


メリークリスマス!!!!!


Comment:0
2014
12.24

サンドイッチ!

Category: 未分類
久しぶりにサンドイッチを作った。
トマト、きゅうり、ハム、タマゴと、5枚切りの食パン4枚を使って完成!

久びさの手作り!

味付けは、塩とマヨネーズとマスタード。
見栄えは悪いが、味は……

ま、作ったことで自分を褒めておこう !

昨日、折れてしまった大槌の修理をした。
折れた断面に、木工用ボンドを塗って重ね合わせ、その上からビニールテープを固くグルグルに巻いた。
今日はそこまで。
ボンドがしっかり乾いたら、ネジ釘でさらに固定するつもりだが、果たして大丈夫だろうか !?

昨日は「頑張れ」と声かけだけしておいた桃の木。
やはりあのままだと遠からず折れるだろうと思い、裂けそうになっている部分に針金を巻き、補強しておいた。
針金を縛っているときに、右手中指の甲側を負傷してしまった。明日、ピアノレッスンだというのに。
でもこの補強で、来春に可憐な花を咲かせてくれたら、負傷の甲斐もある。
花が咲いたら、ブログに載せよう。

手ごろな木の枝で、木刀を作ろうと思う。
別に、今から武闘派に変身するわけではない。

毎日、素振りをしたくなったのだ。

庭仕事をしているとはいえ、運動量が確実に減っている。
50代半ばに身体を怠けさせれば、坂道を転げ落ちるように、筋肉が細ると聞いたことがある。
それに、せめて50代は美しくいたい !! タルい身体にはなりたくない。

以上が、素振りをしたい→木刀を作る、という理由だ。
竹刀や木刀を買ってきてもいいが、木の枝は周りにわんさかあるので、それを切ったり削ったりして、作ることも楽しみたい。

“林住期”は、一人で好きな事をする自由がある。
そのかわり“林住期”は、世間とのつき合いをほぼ絶つ。(完全に絶つことは、残念ながら今の私には無理だ)。

おひとり様は、孤独を楽しんでいる !



Comment:0
2014
12.23

チョンチョン、バキバキと、バキッ! の日

Category: 未分類
折れてしまった!
楔(くさび)の良き相棒の“大槌”

折れた!

転居して以来、杭打ちや薪割りなどに大いに活用してきた。
今日、楔(くさび)を使って薪割りをしていたら、打ち下ろした瞬間、薪が割れると同時に割れてしまった。

木工ボンド、ビニールテープ、添え木、ネジなどを使って、明日にでも修理してみよう。


今日は薪割りの他に、先週に続いて木々の枝払いを行った。

昨年の冬に、大きく伸びていた柿の木の枝を、バッサリと落としたのであるが、1年の間に、1メートル前後の新しい枝を、無数に伸ばしていた。
「いくらなんでも、こんなに多くの枝を出す必要ないでしょ !?」と、30%ほどカットする。

庭のいたる所に生えている“柘植(つげ)”
今までに、何度か丸や四角に形を整えようとしたが、旺盛な成長力で、気がつくと、爆発したパンチパーマのように伸びている。
これも、ザックリと楕円形にカットしていく。

ほかにも名も知らぬいろんな木の枝をチョンチョン、バキバキ落としていく。

桃の木を見ると、古い枝から伸びた若い枝に、来春に咲かせる花の芽をいっぱいつけている。
でも、古い枝が若い枝の重さに耐えられないのか、裂けかかっている。
「頑張れ!」と励まし、そのままにしておく。

黙々と、こんな作業を続けていたら、やがて夕方になった。


…日常の暮らしが戻った。



Comment:0
2014
12.22

おしゃべり三昧!の2日間

Category: 未分類
日曜日、そして今日の2日間、現役時代にお世話になったお二人の方が見え、楽しいひと時を過ごしました。
楽しい記憶、そして心地よい疲労感が残っています。

通常の1週間分以上の会話をしました。
「これから1週間は誰ともしゃべらなくてもいいでしょう!」と、置き土産の言葉を頂きました。
仰るとおり!

今日は、車で2時間ほどかかるところにあるイルミネーションが綺麗なテーマパーク(フラワーセンター !?)に行ってきました。
それからお二人を家まで送り、帰ってきたのは夜の9時半頃でした。

実は今日、生協の配達日で、宅配をお願いしているので、玄関先に注文した品が置かれているはずで、真っ暗な我が家の玄関先では、野生動物に食い散らされているのでは !? と、心配と覚悟をして帰ってきたのですが、何という僥倖か、玄関先の灯りを昨晩から消し忘れていて、明るい軒先では、被害にはあっていませんでした。

5つの府県にわたる約400㎞のドライブでしたが、運転の疲れはありません。

さて、これで年内に残る予定は、ピアノレッスン(前回、あまりにも情けない出来栄えだったので、追加となりました)と、高校時代の友人Fらとのカラオケ忘年会の2つのみ!

あとは粛々と日々の暮らしを送りましょうか。


Comment:0
2014
12.20

薪ストーブの弱点

Category: 未分類
雨…。 マジ寒い。 庭仕事は無理!

電気ストーブをつけ、薪ストーブとどちらが経費節減になるか考えていたが、非力な電気ストーブに愛想が尽き、薪ストーブの点火に取りかかった。

すると、何ということか !

風向きのせいか、煙がストーブの窓から、部屋の中に逆流してくる!
ストーブの窓は、火が安定しないと閉められない。安定する前に閉めると、火はすぐに消えてしまう。

部屋の中に煙が充満する。

右往左往したが、結局、火を安定させるのが先決と、煙をものともせず、竹の火吹きで、吹き続けた。
20分ほどで火が安定したので、ようやくストーブの窓を閉め、代わって部屋の窓を開けた。
部屋の窓を開けておくと、ますます煙がストーブから部屋の中に逆流してくるので、この間、閉め切っていたのだ。

もう少しで、ジジイの燻製が出来るところだった。

食パンとか三温糖とか買い置きがなくなってきたので、買い出しに出かけた。
でも、これくらいの買い物で、となりまちのスーパーまで行かなくても、どこか近くに店があるだろうと、以前に行った内科の医院の方向へ車で走ってみると、ありました! JAストアが!!

なにかレトロな感じで、「食料品店」という感じ。
これから、このお店をごひいきにしよう。

明日、現役時代にお世話になった方がふたりお見えになる。
60代と70代の方々であるが、どちらも素敵な方なので、今から楽しみにしている。
明晩は我が家でゆっくり語らい、明後日は、車で2時間弱のところにあるテーマパークに行く予定だ。

という次第で、ひょっとすると、明日はブログの更新が出来ないかも知れない。
その節はご勘弁を!


Comment:0
back-to-top