FC2ブログ
2014
11.30

ガンバとセレッソ、それぞれの冬物語。

Category: 未分類
今日は一日中、二日酔い。
動くたびに、頭の中がゆらゆらしていた。

昨日、今日と訪ねてくれたのは、現役時代に一番仲の良かった仲間の「少年H」。
私が退職した後の、職場の状況などを教えてもらった。
このご時世で、職場もたいへんなようである。
仕事が忙しいのは仕方ないが、せめて雰囲気良く仕事が出来る職場になるよう、頑張ってほしい。

ここ1~2年、酒を呑むと記憶がとぶ事がちょこちょこある。
昨夜も、楽しく歓談しながら少年Hと呑んだが、話した内容の一部(かどうか分からない)が記憶にない。
今朝、「有働アナウンサーって、神戸女学院大学出身なんだって」と言うと、「昨夜も言ってましたよ」と返されてしまった。

現役時代に、外で呑んでこの症状が出たと後日わかったときは、結構焦ったものである。
ま、法に触れるような行為や、人を傷つけるようなことはなかったようだが、記憶がないのは不安である。
もう若くないから、調子に乗って深酒しないようにしないと…。


ガンバ、首位へ!
セレッソ、降格決定…。

私は、この大阪のふたつのクラブが好きだが、なんという対照的な成績だろう。
セレッソ、やっぱりクルピ元監督に"三顧の礼"でお願いして、監督に復帰してもらった方がいいのではないか。

"梅田テイスト"のおしゃれなガンバと、"難波風味"のやんちゃなセレッソ。
いずれも存在感のあるクラブである。

私が生きているうちに、もう一度、南北大阪の対抗戦を観てみたい。
大阪ダービー !? そんな言葉は似合わない。 "大阪南北対抗戦"で充分だ。

それに"ダービー"って聞くと、私はダービー・カウンティというイングランドのクラブを思い描いてしまうのだ。


スポンサーサイト



Comment:0
2014
11.29

来客中!

Category: 未分類
焼きリンゴ

現役時代の仲間が、今日、訪ねて来てくれた。
で、薪ストーブで、焼きリンゴを調理しているところです

こいつ、食べ物にはうるさくて…。

て、ことで今日は終わりです。


詳細は、明日、アップします。



Comment:0
2014
11.28

丘を下りて、まちへ行く

Category: 未分類
田舎の小高い丘の上で暮らしていると、マジで都会の気温が分からなくなる。
ピアノのレッスンで、前に住んでいたまちに行くに際して、どんな服装で出かければいいか迷ってしまった。
結局、ジャケットが一枚多過ぎた。

車で行くので、時間に余裕をもって出かけ、早めに到着したときは、近くの本屋で時間をつぶす、というか、本屋に寄るのが楽しみで、早めに出ているのかもしれない。
今日は10分ほど時間があったので、10分コースを頭で計算して本を吟味した。

百田尚樹、読んだ作品はすべて面白かったが、都知事選の応援演説以来、新たに読む気がしない。
作品と作家の人格は別だとは思うが…。
桐野夏生、う~ん、当たり外れがあるよな。
室積光、? 本がない。
田中啓文、有川浩、東直己、読んだ本ばっかし。

で…、
「ウドウロク」買っちゃいました! 
そう、NHKの有働由美子アナウンサーの著書である。
帰ってから少し読んでみたが、なかなか面白い。
素敵で、頭の良い人のような気がする。でも、敵を持つ人でもあるような…。
しばらく、"ちょっと気になる有働さん"ではある。

ピアノのレッスンは、まあまあかな。 思ったよりうまく弾けなかった。
でも、年内…、いや来年の1月には完成させたい。


Comment:0
2014
11.27

ちょっと気になる、有働さん

Category: 未分類
ゴミの集積場まで約700メートルの距離がある。 それもアップダウンのある道で…。
なので、いつもゴミ出しは車だ!

燃えるゴミは、火曜日と金曜日。 当日の朝8時までに出すルールだ。
前日に出すのはルール違反。イノシシやシカなど、野生動物が跋扈しているからだろう。
その他のゴミの日も入れると、週に3~4日は朝から車でゴミ出しをしている。

ゴミ出しが済むと、朝食の準備及び朝食タイム。これがだいたい7時30分から8時。
そして、8時からは恥ずかしながら、NHKの朝ドラ「マッサン」を見る。
これも退職者の特権か! 人生50数年にして、朝ドラの視聴者になったのは初めてだ。

「マッサン」が終わると、少し前まではテレビを消していたが、最近、寒くなってダラダラしていると、次の番組である「アサイチ」が始まる。 この「アサイチ」に有働由美子アナウンサーが出ている。
有働アナウンサーも、共演のイノッチも、私は今までまったく知らなかったのだが、少し気になる存在になってきている。

何故か !?  

ふたりの会話が、ちょっとNHKらしくなくて、面白く感じたからだ。
ネットでちょこっと調べてみると、やはりいろいろと物議をかもしたことがあるみたいだ。
今日も本番の最中に、有働さんの発言に対する視聴者からのクレームが番組に届き、それを有働さん自身が披露するというような場面があった。
どうでもいいようなクレームだったので、頑張れ!有働!って気持ちになったな。

今日も午前はピアノ練習。
昼からは、またも日照を妨げている南側のヒノキの伐採。
今日はひとりでやりました。
林の中で、おまけに斜面なので、何かの拍子に胸を打ったらしく、今も打ったところが痛い。
打ち身か、骨にヒビでも入ったか…。 ま、重症ではないみたい。

明日はピアノ・レッスン。  練習成果はバッチリだ!



Comment:0
2014
11.26

おすそ分け

Category: 未分類
今日も雨模様につき、庭仕事順延。
読書とピアノ、そして年間の支出計画を点検し、来年度の計画を立てる。
…ま、ジジイひとりが生きていくのは、何とかなるだろう。

午前、お隣の奥さんが、カマボコとひら天を持ってきてくださった。
郷里から届いた物のおすそ分けとのことであった。
さっそく、お昼ご飯のときに、ひら天を戴いた。
「全国各地に、練り物の名産はあるけれど、やっぱり私は、私の郷里の物が一番美味しいと思うのよ」と、仰られた言葉に偽りはなく、本当に美味しかった。 

"おすそ分け"…。 
日常のことのように思えるが、考えてみれば、この地に来るまで、隣近所でおすそ分けをしたりされたりしたことはなかったように思う。
それどころか、以前に暮らしていたマンションは、23年間居住したにも関わらず、親しいご近所はいなかった。
すれ違って挨拶する程度の人が4~5人いたかどうか…。
別に近所づき合いを拒否していたわけでもなく、そういう雰囲気じゃなかったような気がする。

今、お隣とは結構お付き合いをしている。というか、たいへんお世話になっている。
やっぱり私は、こういう土地の方が合っている。


明後日はピアノのレッスン日。
この間、ほぼ毎日練習してきたので、今度は先生に言い訳しなくても済みそうだ。


Comment:0
2014
11.26

「価格1円」で、儲かるの?

Category: 未分類
…久しぶりの雨。 庭仕事できず。
一日、読書とピアノで過ごす。

未読の本の在庫が少なくなってきたので、Amazon で中古本を探す。
数年前と今年6月の転居の際に、本を大量に処分し、今になってまた読みたくなって、再度購入している本も結構ある。
大沢在昌も大部分処分したので、今日、新宿鮫シリーズの4~7をAmazonで注文した。
あとは、隆慶一郎の「吉原御免状」、阿川大樹の「フェイク・ゲーム」、玖村まゆみの「完盗オンサイト」の計7冊。

ネット通販で分からないのが、「価格1円」という設定。
これで儲かるの? 
買う方は助かるけど…。

本を処分したことを、すごく後悔している。
眺めて楽しむというコレクション趣味ではなく、今になってもう一度読みたいと思う本が手元にないので、仕方なく再度購入している自分が情けないのだ。
藤沢周平などほぼすべて揃えていたのに、「用心棒日月抄」や「蝉しぐれ」など数冊を残して、すべて処分してしまった。

本でも映画でも、気に入ったものは繰り返し読む、観る、という性分だ。
音楽でもハマってしまった曲は、昔風にいうと“レコードの針が擦り切れるほど”くりかえし聴く。
自分が、こういう性分だと分かっていながら本を処分したこと自体、間が抜けている。

ま、いくら悔やんでも仕方ない。
読みたい本で手元にないものは、手に入れるしかない。

ネット通販の「価格1円」は、良いものだな!


Comment:0
2014
11.25

新宿鮫

Category: 未分類
知らぬ間に、右目の目頭のすぐ下のあたりを、虫に刺されていた。
そういえば、昨夜、何となくその辺が痒かった記憶があるが、今朝起きてみると、右目の周辺が結構腫れていて驚いてしまった。
ま、この生活、人に会うこともほとんどないし、恥ずかしがることはないが、気分的には憂鬱だ。

最近、たまに大沢在昌の「新宿鮫」を読み返している。今は、シリーズ③の「屍蘭」だ。
「屍蘭」は、ポケットベルの時代だったようだ。
ポケベル、自動車電話、携帯電話、スマートホン、タブレット…。
時代の流れが、加速度的に速くなっている昨今、小説に出てくるこれらの機器によって、小説自体が旧くなっていくように感じる。
現代を舞台にした小説は、あっという間に“時代遅れ”になってしまう。
時代小説の方が、時代背景が確定しているからか、いつ読んでもあまり旧さを感じない。


今日も、いつもどおりの一日。
ピアノの練習をして、薪づくりをして、本を読んで過ごした。





Comment:0
2014
11.24

斧で、一撃!

Category: 未分類
今日は薪割り!

木の幹部分をストーブサイズに割る作業だ。
この写真、直径25cm程のクヌギの幹。
それを、斧で…

斧で

一撃すると…

一撃!

お見事!  でしょ !?

昨日、友人のWと薪割りで遊んだ勢いで、今日はノコギリではなく、チェーンソーで幹など太い部分を輪切りにし、それらの薪割りに臨んだ。

生木は、気持ち良く割れる。
以前、乾燥した木の薪割りをしたが、割れない。これって薪割りの“常識”なんだろうか !?
とにかく体験として学んだ。 薪割りは生木のうちにするべし!!

今日中に、薪割りが必要なものは全部できると思って始めたが、なんのなんの…。
半分も出来なかった。
それでも“二段ベッド”薪置き場には、薪が増えてきた。
来年は、薪を買わずに済みそうだ。


現役時代にお世話になった方から、先日、栗羊羹が届いた。
有難いことだ。
今日、お礼の手紙を書き、投函しに郵便局まで車で出かけた。
国道に出るまでに、何台かの軽トラとすれ違ったが、皆さん、クラクションを鳴らすなり、手を振るなりして挨拶してくれる。
私も、少しずつ地域の人たちに認知されてきたようだ。

嬉しい!


Comment:0
2014
11.22

しぶい紅葉、しぶいガンバ!

Category: 未分類
初冬の黄葉

陽射しが透き通ったような日。
改めてまわりの景色を眺めて見ると、背の低い周囲の山々が、しぶく赤茶けて見える。
この色彩が、この地の紅葉の色だ。
艶やかさはなく、しっとりとした落ち着きを感じる色彩だと思う。

家からこのような景色を見ることができるのは、田舎暮らしの特権だ。

今日は、ガンバvsレッズの一戦があった。
ガンバが、しぶく勝利を収め、優勝の可能性を残した。
最後の最後まで得点シーンはなかったが、見ごたえのあるゲームだった。
それにひきかえセレッソは…。

無職ジジイなのに、世間並みに3連休感覚で、一日を過ごしてしまった。
世間には役立たなくても、自分のための仕事はいっぱいある。

明日は身体を動かして、疲労感のある仕事をしよう。
今頃、ガンバの選手たちが感じているであろう心地よい疲労感を、私も味わいたい。


Comment:0
2014
11.21

平日の“お休み”

Category: 未分類
朝寝坊していると、めずらしくインターホンの音で起こされた。 まだ7時台のことである。
出てみると、浄化槽の清掃業者であった。

浄化槽 ~ 年間の管理料と清掃代金が、併せて3万5千円。

これが妥当なのかどうか分からない。
以前のオーナーの時から、引き続き来てもらっている業者なので、業者の言い値のままなのだ。

清掃が終わり、業者が帰ってしばらくすると、仕事時代の友人Wから連絡があった。
気が向いたので、今日、ちょっと来るとのこと。
Wの家からは車で2時間くらいなので、掃除や洗濯などを手早く片づけ、Wを待つことにした。

正午頃にW到着。
私の手作りの焼き飯を食べながら、久びさに語り合った。

天気も良いので庭に出て、ころがっているクヌギの薪割りを、ふたりで少しだけ行った。
私の斧の使い方や姿勢などに、Wがチャチャを入れてくるなど楽しい薪割りだった。

お隣のご主人も言っておられたが、薪割りは水分の多い生木の時にやる方が割れやすいことを実感した。
そのあと、お薦めの“WOOD JOB!”のDVDを、Wと一緒に観た。
気に入った映画は、何回でも観るのが私のクセである。

5時過ぎにWは帰って行った。

というような嬉しいハプニングデイだったので、今日やろうと思っていた作業は、すべて順延である。

いくら“林住期”の暮らしとはいえ、こんな日もないとね!


Comment:0
back-to-top