FC2ブログ
2015
11.29

薪を移動する

Category: 未分類


今、作る薪は、来年用。
今、使う薪は、昨年作ったやつ。


この2種類を混ぜてはいけない。しかし、薪置き場はひとつだけなので、薪置き場にある今年用の薪、3分の1ほどをデッキの下へ移動する。

薪を移動


ここに置いておけば、ストーブのある居間から直ぐに取れるので、便利でもある。


そして、空いた場所へ来年用の薪を置く。
と言っても、せいぜい量的には4~5日分くらいしかない。
今年の秋、来年用の薪づくりをサボってしまった。

昨年は、薪作りなど庭仕事をすることが、自分の使命のように思い込んで、必死で身体を動かしていた。

それにひきかえ、今年は…。
両手小指のけんしょう炎が固定化し、あんまり頑張り過ぎるのも良かないな~、なんて自分でブレーキを踏んでいるうちに、ガス欠になってしまったみたいだ。


なにかでガソリン補給しないとな。





スポンサーサイト
Comment:0
2015
11.28

人生、一寸先は・・・。

Category: 未分類



身体を動かさないと、晩酌が旨くないので、2時間半ほど薪を作った。


今シーズン初の薪作り


去年だったか、今年の始めだったか忘れたが、段々庭の5段目と6段目の間にある斜面に立っていた大きなクヌギを伐倒した。

しかし、あまりに大き過ぎて、後の処理が邪魔くさくなり、そのまま放置していた。
今日、そのうちのごく一部(幹の細い部分や枝の一部)を、薪サイズにカットして、薪置き場に運んだ。
(これで、一輪車3往復!)


一輪車を押して、斜面を上ることのしんどいこと!
斜面の途中で、2回も止まり、息を整える。

木の重さ、斜面のきつさは、ある。
しかし、それよりも自分の心肺能力が、恐ろしく低下していることが原因だ。

運動不足、喫煙量の増加傾向、加齢…。

なにかきっかけを設定して、生活を改善しないといけない。
目標を持つとかね。


ガンバ、劇的な勝利!

丹羽のキーパーへのパスミス、てか、ループシュート!
そのボールがポストに当たって、そこからガンバの逆襲。
5本のパスで勝ち越しゴール!


人生、一寸先は闇だぜ! と、示唆しているようなゲームだった。






Comment:0
2015
11.27

静かに鎮座していた巣箱

Category: 未分類



強い風が連日吹きまくり、枯れ葉が空を飛びまわっている。

そういやハチミツ、じゃないミツバチの巣箱はどうなっているのだろうと、設置以来、初めて見に行った。


ミツバチの巣箱


手前左と、中央奥に見えるのがミツバチの巣箱。
お隣のご主人お手製のものだ。


枯れ葉などが積もっていても、そのままでいいよと、お隣のご主人が仰っていたので、何も触らなかったが、風が強いので、枯れ葉もほとんど積もっていなかった。


玄関前は、レレレのおじさんよろしく落ち葉掃きをしているが、まったく焼け石に水だ。
朝に掃いても、昼前には掃く前と同じほど落ち葉が積もっている。

ま、落ち葉の絨毯でも、一向に構わないんだけどね。


いや一段と寒くなってきたね~。

冬用の布団と毛布で寝ているが、今晩は客用の毛布もその上にかけて寝よう。


駈け足で冬がやって来る …。

というより全力疾走やね、今年の冬は。


12月くらいに息切れして、暖冬になるんやろうね。





Comment:0
2015
11.26

たまにある、こんな日

Category: 未分類

今日は、憂鬱な一日だった。

特に理由などないが、どんよりした天気と同じような心模様。
たまには、こんな日もある。

数日前から、東直己の「ススキノ・ハーフボイルド」を再読している。
この小説の主人公が、ストーリーの様ざまな局面で、その都度、人間関係や人生などについて、自らの考えや感情を、自身の心の中で吐露するのだが、これが私の心にズシッと響く。

私は、日々の出来事や暮らしを、出来るだけすべて前向きに、楽観的に考えるようにしている。
嫌なことがあっても、それは自分にとって、プラスになる経験だと考える。

そんな私の暮らしも、冷めた目で観察し、客観的に評価を下せば、退屈でつまらない日々に違いない。
しかし私は、そういう見方を封印している。

「ススキノ・ハーフボイルド」の主人公(これがなんと高校生!)は、冷めた目で観察し、客観的に評価する奴。

この主人公が嫌いなんじゃない。
私のなかで封印していた、そういうものの見方、考え方が、この主人公をとおして、解かれてしまった感じだ。


ま、作品は面白いし、主人公も素敵な奴だ。
私の憂鬱も、半日もあれば晴れるのは間違いない。

たまには、こんな日があってもいい。



明日は、昼間でも気温が10℃に届かないという予報!


何して遊ぼうかね。





Comment:0
2015
11.26

ヤ○ハ音楽教室入会申込書で、私のピアノ歴を思い出した

Category: 未分類


朝寝しようと思っていたが、歯医者さんの予約があることを思い出して起きる。
予約は11時15分なので、そんなに焦ることはない。
ゆっくりと朝食を食べ、ピアノ練習をする。

外は、今にも雨が降ってきそうな空模様で、庭仕事をやる気がしない。

歯医者さんでは、歯のブラッシングがとてもうまくなったと褒められる。
昨日に続いて、2日連続の良い子(もとい、良いジジイ)だ。


レッスンで、過去の曲をおさらいすることになったので、楽譜を整理する。
いろいろな楽譜が出てくる。
そうそう、映画「スティング」の曲は「エンターティナー」だった。
「A列車で行こう」もやったね。

楽譜の間に、ヤ○ハ楽器音楽教室の入会申込書があって、私のピアノ歴を思い出した。
同教室で習い出したのは2007(平成19)年3月から。
で、ピアノは2003(平成15)年に購入していたとのこと。

2003年に買ったピアノは、最初の先生の紹介で購入したものでカワイのピアノだった。
(最初の先生、いい先生だったな~。ちなみに今は、友人から貰ったYAMAHAの古いピアノです。お気に入り!)

だから2003年から2005年頃まで、最初の先生から「子供のバイエル上・下」等でレッスンを受けていたのだろう。
その先生が転居されてから、しばらくピアノから遠ざかり、2007年の正月元旦に、ネットで偶然カノン(ジョージ・ウィンストンバージョン)の楽譜を見つけたことから、ピアノを再開したのだった。

この楽譜は、いわゆる海賊版で、コンサート会場で不正に録音し、採譜したようなものだったらしい。(ヤ○ハの先生がそう言っていた)

なので演奏のミスタッチと思われるものも、そのまま楽譜にされていて、楽譜自体の書き方も間違いがあるとのことだった。
その後、ジョージ・ウィンストンの正式な楽譜も手に入れたが、今でもこのネットで拾った楽譜で弾いている。

ヤ○ハ音楽教室の先生が合わず(ド、レ、ミと手書きした楽譜の使用を認めてくれなかった!)、教室を止め、知人の紹介で今の先生に習い出し、現在に至っている。


ピアノ歴12年になる!

なのに、なんてヘタクソなんだ!!!


長くなった。

今日は、これでおしまい。




Comment:0
2015
11.25

今日はルンルン!

Category: 未分類

今日のレッスン、今までで一番褒められた!!!

someday my prince will come (いつか王子様が) 95% くらい弾けるようになった!
真理はシンプル! 練習量につきる!

現在の曲が完成したら、次は何する? と先生が訊くので、今までの曲のおさらいがしたい、と答えた。
と言っても、全てではなく、①カノン、②sing sing sing 、③ムーンライト・セレナーデ、の3曲に現在やってる曲を合わせて計4曲。

今、おさらいしたら、何とかこれらの曲は、また弾けるようになると思う。

他にも今までには「オーバー・ザ・レインボー」や、「テイク・ファイブ」、「デスペラード」、それに、あ~~題名が思い出せない。映画「スティング」で使われていたラグタイムの曲など、楽しい曲をいっぱい習ってきた。

それらは習ってた時点では◎を貰って、一応、弾けるようになっていたのだが、今ではほとんど弾けなくなっている。

その原因もシンプル! 
楽譜が読めず、指の動きを覚えて弾いているので、時が経って指の動きを忘れてしまったら、たちまち弾けなくなる、ということ!


先生も了解してくれて、私の希望の4曲をおさらいして貰うことになった。
ま、その前に「いつか王子様が」を頑張って完成させて、◎を貰わないといけないのだが…。



明日から寒くなるそうだ。

雨が降り出す前に、薪を部屋の中に入れておかないと。





Comment:0
2015
11.24

完全オフ、の一日

Category: 未分類

郵便ポストを確認しようと外に出た時、玄関先の椿が見ごろなのに気づいて、カメラを取りに行き、椿の写真を撮った。


玄関先の椿


すでに夕暮れで、フラッシュが光った。


今日は完全オフ。

ペットボトルの回収日だったが、そんなことも忘れて、ゆっくり朝寝した。
月1回の回収。 次は来月までないけど…。


明日、ピアノレッスンなのに、練習もせず。
ただし、この間かなり頑張って練習したので、まあいいか、というイヤラシイ胸算用をしている。


東直己の「後ろ傷」を再読する。

同氏の作品の舞台は、ほぼ100% 札幌、ススキノ、北海道。
実は、北海道には一度も行ったことがない。
友人が稚内の近くの猿払村というところにいるので、そのうち行こうと思い続けて、いまだ果たせずにいる。


生きているうちに、ススキノのケラーで、サウダージをオーダーすることが出来るかね…。




Comment:0
2015
11.22

一日の大半を屋外で過ごした

Category: 未分類


NPOの里山ボランティア活動、前回の活動日は雨で中止だったため、ほぼ1か月ぶりの山(と言っても里山程度ですが)だ。

朝方は結構寒かったが、お隣のご主人の軽トラに乗せてもらって、活動場所へ行く道中から、寒さは緩んできた。
午前の活動中、例によって山の斜面をあっちこっちに動きまわって除伐していると、汗が湧き出てくる。

今までにないことだが、「お昼だよ~!」の号令がかかるまでに、ひとり、斜面で休憩してしまった。
暑くって、しんどくって…。

午後は、ササユリの種から発芽、そしてある程度成長するまで、メンバーが持ち帰って育てるためのレクチャーと土づくり等だったので、身体はラクだった。
(ササユリは、発芽まで2年ほど、花が咲くまで4年以上かかるらしい。途中でダメになってしまう割合も多いらしい。うまく成長したら、里山に持ち寄って植える計画とのこと)



帰りの車中で、お隣のご主人が、「よければ、今日、モミジを植えますか」と仰ったので、帰ると、さっそくお隣のお庭から、我が家の緑地スペースへモミジを植え替えた。
ついでにというか、勢いでエニシダとコデマリも頂いて、緑地スペースに植えた。

これで緑地スペースは、ほぼ予定どおりの花木や球根を植えることが出来た。(残りはヤマブキ。これもお隣から戴く予定)
次の大きな作業は、第3の緑地スペースをつくること!
場所は確定しているし、そんなに難しくない。
要は、“やる気”だけ。


作業終了後、使った道具類を水できれいに洗う。

道具はきれいに!


土が付いたままだと、サビの原因になるから、使ったら必ず洗うこと!
と、農業を営む友人Wの、ありがたい忠告が耳にこびりついているので、きっちり洗います。



明日は、完全オフ。

朝のペットボトルの回収さえなければ、ゆっくり寝坊できるのに …。




Comment:0
2015
11.21

春に花咲く!…予定

Category: 未分類


昨日買ってきた花の球根を植えた。

全部で60個余り。


春に花咲く!


左側の少し黒っぽい色のところ。
つりがね草(シラー)、フリージア、アイフェイオン、水仙、チューリップ、ヒヤシンス、アイリス、チオノドグサ。

植え付けしていたら、お隣のご主人がみえた。
先日のブロックがきっちり固まったか心配していただいていたようだ。
ご主人の、花の球根に関する成功例や失敗例を聞かせてもらった。

花壇用の土や、腐葉土、黒土などを混ぜ込んだけど、こんな植え方で大丈夫かね?
来春が楽しみである。

咲いてくれたら、嬉しいな。


植え付けする前、久しぶりに家の掃除をした。
Sは来られなくなったけど、ちょっと真剣に掃除しようという気になった。

じっくり2時間かけて、掃除機をかけ、埃をふき取り、ついでに客室の布団を冬用に変えた。
掃除機の先っぽも、場所によって頻繁に取り替えた。

すっきりした部屋でコーヒーを飲む。
気分が良い。


さて、買い込んだ食材である。
実は奮発して、すき焼きとローストビーフを用意していた。(2泊の予定だったからね)
それぞれ2人分。
野菜庫は、様ざまな野菜でいっぱいだ。

とりあえず、すき焼きの具材一人前を、片手鍋ですき焼き風に煮込んで今宵は済ます。

しばらくは贅沢な晩餐だな。


明日は里山ボランティアに行く。
当初は来客で休むことにしていたが、客が来られないので、こりゃ行くしかない。


明日は、寒いかな。






Comment:0
2015
11.20

S、頑張れよ!

Category: 未分類


写真、撮りました。


階段完成!



これくらいのブロック積み、職人さんは朝飯前!なんでしょうな。
職人さんどころか、DIYが好きな人なら、どうってことない作業でしょう。

でもですな…。

工作ベタの私にとっては、こ・れ・で・も!大した造形物なんですよ。
まるで、墓石に向かう階段みたいだって !?

… 私も、そう感じましたです。ハイ。

でも、別に構わない。 というか、ペンキを塗って、もう少し愛想のある階段にしたいね。



今日は、また草抜き。

地を這うような西洋タンポポが、洗濯干し場付近にはびこっているので、目につく限り抜きまくる。
草取りフォークが威力を発揮してくれる。

午後は、お買い物。

明日からの来客に備えて、食材の買い出しに行く。
ついでにホームセンターに寄って、春に咲く花の球根を買う。
来春は、花いっぱいの庭にするぞ!



今、Sから電話があって、大事があって来られなくなったとのこと。

それは来ている場合じゃない。

落ち着いたら、また、おいで!




Comment:0
back-to-top