2017
08.21

久びさのホームラン!

Category: 未分類


8月21日(月曜日)


暑中見舞いを頂いた人たちに、残暑見舞いを書く。

で・・・

今、ハガキの料金っていくらでしたかな !?
(ブログを書き始めた今気づいた!もらった暑中見舞いを見ればすぐに分かる!)


・・・


今日、車検が完了する予定日だったので、〇△自動車に確認して出かける。

郵便局へ向かう途中に〇△自動車があるので、先に〇△自動車へ寄り、代車をマイカーに乗り換えて郵便局へ。

で、バカな質問。
「ハガキって、今いくらでしたかな?」
「62円ですね」

とりあえず家で52円の切手を貼ってきたので、10円切手を50枚購入し、その場で残暑見舞いに貼り足し、残った切手はバッグに入れて持ち帰る。


やはり車検を済ませた車は調子が良い。
きれいに洗車もしてくれていて、めっちゃ暑いけれど爽快な気分の昼下がりだった。


・・・


今日一日で読み切った本がある。

「日本一小さな農業高校の学校づくり~ 愛農高校、校舎たてかえ顛末記」
岩波ジュニア新書 品田 茂 著

とある高校の校舎を、耐震性を高めた校舎にしていくための経過をまとめられた本だが、私としては久びさのホームランに値する本だった。

キリスト教系の私学高校だが、そんなことは本の主旨とは関係ない。

とにかく学校自体が素晴らしい。
1学年25人というから、全校生徒でも75人。全寮制である。
午前5時55分起床、午後10時30分消灯。

今どき、こんな高校があるのか !? という「顛末記」の背景だけで驚いてしまう。

著者は、もと保護者。
娘さんが同校を卒業されてから、校舎たてかえ計画への助力を学校から依頼された。

この本は、著者が校舎たてかえに奔走された数年間の記録、「顛末記」である。


・・・


結局、私の心が震えるストーリーは、京都橘高校のマーチングコーチが仰っていた「みんなで見る夢は楽しい!」というストーリーなんだろう。

あっという間に、読み終えてしまった。


「あとがき」を読んで、またも驚いた!!

著者の方が高校2年生のときに観て、とても感動された映画のことを書かれているが、私も仕事で行き詰っていた頃にその映画を観て、背筋がゾクゾクするほどの感銘を受けた経験があったのだ。

きっと、たてかえ計画に関わった学校関係者、卒業生、在校生、保護者、協力者の人たちは、校舎のたてかえという夢をみんなで見ておられたのだろう。


しんどいことが多い目標ほど、達成感はハンパないものね~。


・・・


明日はピアノレッスン。

しんどいと思うほど練習していないので、うまく弾けても達成感ないやろな~。
(というか、うまく弾けるわけがない!)




では、また明日に!








スポンサーサイト
Comment:1
2017
08.21

野球部と吹奏楽部は、、完結編!

Category: 未分類


8月20日(日曜日)


ハードコンタクトレンズの保存液を購入するためとなりまちへ。

ついでに床屋に行く。

床屋の兄ちゃんは元高校球児。
たまに甲子園に出場する強豪校のエースだったらしい。

しかし、兄ちゃんの3年間は甲子園には行けなかったらしい。


・・・


案の定、高校野球の話に花が咲く。

野球の話をする兄ちゃんは、とにかく熱い!
高校野球経験者の視点から、今年の甲子園の様ざまな試合を分析・解説してくれた。

途中から、サッカーをしている中学2年生の息子さんが骨折したという話に切り替わる。

練習中に骨折してから、病院、検査、手術、入院、その後の練習への復帰(見学のみ)に至るまで、父として息子のことを熱く想っていることがビンビンと伝わってくる。

熱い人なのだ!

ヘアスタイルは、もう兄ちゃんにお任せ。
あれこれ考えるのが邪魔くさくなってきた。最近は普通のカントリー・ジジイヘア!


・・・


帰宅後、fireTVで「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」という映画を観る。

なかなかタイムリーなチョイス!

作中でいわく『高校野球とは何か?~ 高校野球とは“感動”を与えることである』
映画のストーリーとは、あまり関係してこないくだりだが、このセリフが語られるシーンが印象に残った。

そう! 一所懸命に練習し、無我夢中でプレーするその姿が感動を呼ぶのですね~!

野球も、吹奏楽も・・・

吉と出れば「甲子園」、凶と出れば「ブラック部活」になるけれど。


・・・


昨日収穫して水洗いし、水を切ってひと晩冷蔵庫に入れておいたブルーベリーをフレーザーバッグに分ける。

やや小粒の実が多いが、Mサイズのバッグに4袋あった。

とりあえず冷凍庫に収める。
ジャムを作る気力も技術もないので、どうしようかね。


8月もあと10日か・・・。
過ぎてみれば早いですね~。

今年の8月は、ツクツクボウシの鳴き声がほとんど聞こえなかった。
7月からずっとヒグラシがナンバーワンの座を占め続けている。

毛虫とムカデと蛾は少なく、ムネアカオオアリの家宅侵入は多かった。
年によって、大発生する時としない時があることを知った。


転居後4年目。
少しは分かったような口をきかせてほしい・・・




暑いのも、もう少し、、、


おやすみ












Comment:0
2017
08.19

野球部と吹奏楽部は、、

Category: 未分類


8月19日(土曜日)


コンタクトレンズの保存液、間違ってソフト用のを買ってしまった。

千円以上もしたのに、ハードレンズには使えないと書いてある。
書いてあるけど他にないので、今宵はこの保存液にレンズを浸している。

なんかすごくムカついている。


・・・


この時期、ついつい高校野球を観てしまう。

今年は昨年までと違って、各校のアルプス・スタンドの様子が気になる。
吹奏楽の応援に目が向く。

・・・

考えてみれば、NHKの“クローズアップ現代”の「ブラック部活」でヤリ玉に挙げられたクラブに、野球部も吹奏楽部もある。

私は“ブラック”の実態を知らないけれど、一方では「ブラック部活」と社会問題化するNHKと、もう一方では大々的に放映して「感動!」や「青春!」などと煽って連日中継するNHKって、どうなんよ?

夏の高校野球を「共催」する朝日新聞は、吹奏楽連盟とも大の仲良し!
毎年、吹奏楽連盟と朝日新聞が「共催」している吹奏楽コンクールは、“吹奏楽の甲子園”って呼ばれている。

マスコミがワァ~、ワァ~囃し立てて注目を集めるイベントにすることで、“ブラック”な部活が増えているのではないか???と、思う気持ちもある。


高校野球とほぼ同じ時期に、全国高校総体が行われているけれど、マスコミの扱いなんてゼロに等しいし・・・。


・・・


ブルーベリー、中3日空けて今日収穫。

ほんと今年は豊作!
すべて摘み終えるのに、2時間半ほどかかった。


ま、この時期、庭仕事はせいぜい半日がいいところ。

残る半日は、高校野球かfireTVで映画を観る。


これが健全!





では、また明日に!







Comment:0
2017
08.18

作物ネグレクト

Category: 未分類


8月18日(金曜日)


朝、可燃ゴミを出しに行く頃、猛烈な雨が・・・。

幸い半時間ほどで小ぶりになったが、あのまま1時間も降っていたら、今流行の「記録的短時間大雨情報」とやらが発表されていたのではないかと思うくらいの勢いだった。

・・・

働いていた頃、住んでいたまちで時間雨量が100㎜/hを超えたことがある。それも早朝に。
私は出勤のため玄関のドアを出るまでまったく気がつかなかったが・・・。

しかし一歩出てみると、マンションの前の用水路が溢れて道路は流木やゴミだらけ。通勤途中にある周りを土手で囲まれたかなり広い治水公園は大きな池に変わっていて、職場までの道のあちこちで冠水していた。

あの時の時間雨量が126㎜/h。

人間が“自然”に勝てるわけがない。
長雨や日照不足も“自然”の振る舞い・・・、プロの野菜農家さんでも勝てない。

あと10年もすれば、野菜の多くは工場(屋内)で生産されているような気がする。
天候に左右されず病虫害もなく、計画的・安定的に生産できるもんな・・・。

露地物なんて、超高級品になってたりして・・・。


・・・


夕方、畑を見に行くと、色づいたトマトが5つほど成っていたが、ひとつを除いて全て実が割れているし、手頃な大きさになっていたピーマンも全て実が破れていて・・・。

これが自然現象か野鳥の仕業か分からない。

オクラは20㎝ほどに成長してしまったのが3つあり、あとで茹でたが全体が筋張っていて、とても食卓に載せられるモノではなかった。

キュウリはひどく曲がってるくせに肥満体で、とりあえず収穫したが、見た目全然食欲が湧かない。


トマトもオクラもキュウリも悪くない。

まったく放置している私が悪いのだ。
作物ネグレクトとでも言おうか・・・。


・・・


明日はブルーベリーの収穫日。

ブルーベリーだけは大豊作!

さて、明日採れるブルーベリーは、どなたに進呈しようかね。





おやすみ!








Comment:0
2017
08.17

フォレスト・ガンプ

Category: 未分類


8月17日(木曜日)


午前、となりまちに出かけて買い物。
午後から車検のため車を〇△自動車へ預けに行く。

来週月曜日に返ってくる予定で、それまでは代車だ。


・・・


代車はダイハツの軽乗用車だが、今どきの車は凄い・・・。

まず、キーがない!

キーのようなものを車に近づけるだけで、自動的にロックが解除される。
同様に、のようなものを持って車から離れる(2~3m)と、ロックがかかる。

キーがないから、車を始動する場合もキーを差し込む穴がない。
ボタンのようなスイッチをひねるだけ!

平成13年製のアナログな車に乗り続けている間に、車は確実に進化していた。


・・・


車を出して帰宅してから amazon の fire テレビで映画を観る。

amazon のプレミアム会員は、amazon が提供する数多くの映画が見放題であることを発見したのだ。
私は同会員になっている自覚がなかったが、確認してみるといつの間にかなっていた。
ネット通販で本を購入するときに、知らないうちになってしまっていたのだろう。

年間4~5千円の会費なので、一瞬、やめようか考えたが、映画をたくさん観れば元がとれると思い、それ以来、日に1本は観ている。


今日、観たのは「フォレスト・ガンプ」。主演・トム・ハンクス。

この映画、私は過去に観たことがあると思い込んでいたが、観たことはなかった。
観終って、間違った思い込みをしていた理由がわかった。

「レインマン」と勘違いしていたのだ。

こっちはダスティン・ホフマンとトム・クルーズが主演。
記憶のどこかで「レインマン」と「フォレスト・ガンプ」がごちゃごちゃになってしまったらしい。


こういうヒューマンな映画を創り出すアメリカって、やっぱりすごい文化を築いていると感じる。

政治や社会や世相のなかに、重苦しくてネガティブな感情や価値観もあるだろうけれど、そういうモノをも呑み込んだうえで、こういう素晴らしい映画を生み出す。

日本の文化も素晴らしいと思うが、多様性のなかから様ざまな方向を向いている作品群を生み出し、それらを容認するアメリカ文化とは明らかに違う。

日本の文化は、基本的に単一性のなかから生み出されてる美意識が根源にあるような気がする。


どちらもというか、世界には想像もつかないような無数の文化や価値観がある。

そういうところが面白い。


・・・


少しずつ、気力が復活してきた。

明日は、短時間でもいいから何か庭仕事に手をつけよう。





それでは!








Comment:2
back-to-top