2017
04.30

ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)びわ湖音楽祭

Category: 音楽


4月29日(土曜日)


ラ・フォル・ジュルネびわ湖音楽祭2017

気軽に音楽に親しむことができる楽しいイベントだった。

2017/4/29/1 


会場のびわ湖ホールは、琵琶湖畔に建つ素敵なホール。
(ただし今日現在は、改修工事のためか外側に養生の囲いが!)

2017/4/29/2 


一番右側にある建物がびわ湖ホール。

なぜこんな窮屈な構図で撮ったかというと、左手に見える琵琶湖と一緒に撮りたかったから。
ちなみに、一番左側の細長い建物は「びわ湖大津プリンスホテル」


どうも、私が撮った写真ではホールのイメージが分かりにくいので、公式の写真をお借りしてきた。

2017/4/29/4 


写真を並べる理由は、ロケーションの良さを感じていただきたいなと思ったわけで・・・。

・・・

この場所に会場が5つ設定され(大・中・小の3ホールとメインロビー、そして湖畔広場の計5つ)、このうちホールの催しは有料、ロビーと湖畔広場は無料で観覧できるという仕組みだった。

京都橘高校吹奏楽部の出演は大ホール。
チケットは前日までに完売。

ナマで聴く(観る)同校の sing sing sing の演奏演技は、衝撃!のひと言。
頭もハートもジンジンに痺れさせてくれる。


同校の公演以外には、メインロビーでどこかの管弦楽団によるチャイコフスキーか何かのリハーサル風景、滋賀県ピアノコンクール入賞者によるピアノコンサート、そして長浜市少年少女合唱団の歌声などを鑑賞。


湖畔広場では比叡山高校吹奏楽部の演奏を聴く。

2017/4/29/3 


朝からお昼過ぎまで気持ち良く晴れていたが、午後になり、比叡山高校の演奏が湖畔広場で始まる頃から、まさに、北にそびえる比叡山の方角からむくむくと黒雲が湧き上がり、風が吹き始めた。

同校の演奏が終盤にさしかかった頃には猛烈な風となり、演奏している生徒も、観ているギャラリーも浮足立ち、終了と同時に一斉に建物内へ駈け出していた。
(雨は、しばらくしてから降り出したみたい。楽器、濡れないですんだかな !? )


・・・


いつになく刺激の多いお出かけの日。
うまく整理して書けないが、とりあえずは以上のような一日でした。




現在、午前0時55分。


そろそろ寝ます。 おやすみ!







スポンサーサイト
Comment:1
2017
04.28

クヌギの柴と、栗のイガ

Category: 未分類


4月28日(金曜日)


コーヒーブレイクしていると、同じ隣組のMさんから電話があった。

「クヌギと柿の木を切ったので、細かい枝の部分でよかったら持ってくけど使う?」 というお話し。
我が家が薪ストーブだと知っておられてのことだ。
もちろん頂くことにする。

昼前頃に、軽トラに小枝を満載してやって来られた。
火つけ用にちょうどいい頃合いの小枝だ。

ひと抱えくらいの束ごとに縄で結わえてある。
ふたりで降ろした後、「お茶でもどうですか」と声をかけたが「いや~、昼から役場に行かなあかんから、また今度な!」と言って、帰って行かれた。

来シーズンの薪の備蓄は、すでに完璧だ。


・・・


午後からは、昨日とは別の緑地スペースの草抜き。

当初はまわりに杭を打ち、テグスを張り巡らしていたが、今はあちこちでテグスがプチプチと切れていて、草抜きするにも邪魔なので、すべてのテグスを取り外すことにした。

小さく固い結び目で杭に括りつけてあるので、モタモタしながらテグスをはずし、それからようやく草抜きにかかる。

南側の林にシバグリ(野生の栗)の木があり、その枝からイガ(もちろん実も)がいっぱい緑地スペースに落ちていて、落ち葉や雑草の下に隠れているので、ヘタに草を握るとイガが指に突き刺さる。

ゴム手袋をしていても、何の抵抗にもならない。
慎重に、慎重に・・・

3時間半ほどかかって、ようやく完了。
昨日もそうだったが、作業のあとはかなり疲れる。

身体がナマっている !?  それとも歳か !?


・・・


今宵も晩酌をせず、休肝日3日連続!

呑みたくないわけではないが、あえて呑みたいとも思わない。
3日も続けて呑まないなんて、東日本大震災時に支援で被災地に出向いたとき以来ではないか。


明日は、びわ湖ホール。 
“ラ・フォル・ジュルネびわ湖音楽祭”

京都駅2番線乗り場で、朝8時50分にYさんと待ち合わせ。


早起きしないと・・・




おやすみ







Comment:0
2017
04.28

草抜き、一日

Category: 未分類


4月27日(木曜日)


朝から、ちょっとピアノ練習。

少しだけ・・・。


・・・


駐車場の緑地スペースの草抜きをしようと玄関に向かうと、先日の里山ボランティアの時に頂いていた西洋わさびが、もらってきたまま玄関に置いてある。

すでに少し、しなびかけている。

これはヤバイ!と、先にこれを植えることにする。
段々庭2段目に植えようと庭に降りると、こちらも雑草が・・・。

とりあえず植える部分の雑草をとり、西洋わさびを植えたが、まわりの状況が悲惨なので、そのまま2段目の草抜きを始める。

ヘビでもいそうな雰囲気だが、ま、ヘビの方が逃げてくれるだろうと勝手に決めて、草抜きを続ける。

ヘトヘトになりながら続けていると、「○○さ~ん」と声がして、お隣のご主人がアク抜きをしたタケノコを持って来てくださった。

「冷蔵庫か冷凍庫で保存してね」と言われたので、お礼を言って家に入ると、時間はすでに午後2時近くになっていた。


昼食は、トマト、キュウリをおかずに素麺を4束食べる。
食後、少し休憩して今度は駐車場の緑地スペースへ。

午後からは、ナチュラルハイな状態で草抜きを続け、5時半頃に終了。

きれいになった。


・・・


晩ご飯の用意をする前に、リビングでぐったりしていると、友人のWから電話がかかってくる。
彼もビニールハウスの手入れをし終って、休憩しているとのこと。

午前・午後と手抜きで草抜きしたと伝えると、めずらしくWに褒められた。

「カラスノエンドウが多くて、草刈り機でやると刃に巻きついてしまうんや」
「あ~、せやな~、あれはやっかいやな。でも、巻きついた草を切ってしまう形状の刃があるで」
「ほんまか~ !? 」

土に親しむ者同士の会話が、ちょっと照れくさかった。


・・・


なぜか酒を呑む気にならず、昨日に続いて今日も休肝日。

昼食を食べてから洗濯した衣類が乾かず、今も干しっ放し。


望みどおり、思いっきり身体を動かした一日でした。





おやすみ!








Comment:0
2017
04.26

同窓生からの電話

Category: 未分類


4月26日(水曜日)


午前は、昨日のレッスンの復習を兼ねて、ピアノ練習を少しばかり・・・。

きっちりと練習をしていけば、次回のレッスンで♪ジョージア・オン・マイ・マインド♪は完成する。

・・・きっちりと練習していけば、の話し。


・・・


昨日の夕方、お隣のご主人がタケノコをおすそ分けだと持って来てくださった。

昨夜の晩ご飯は、Yさんに頂いたタケノコづくし。。。
重なるときには、重なるようで。

お隣のご主人から頂いたのは、ナマのタケノコだったが、ほかにアク抜きしている分もあるので、それは出来たらまた届けるとのこと。

タケノコの調理法、ネットで調べないと・・・。


ナマのタケノコを見ながら、そんなことを考えていると、昨年、関西マーチング・コンテストにつき合ってくれた高校時代の友人Uから電話があった。

先日、高校時代の他の友人から連絡のあった“還暦大同窓会”の話しだったが、電話の向こうでは何人かの同窓生たちと呑んでいる様子。

案の定、電話の相手が替わって、剣道部だったMの声が聞こえてきた。

いくつになっても話し出すと、お互い高校時代に戻ったような会話になる。
脳裏に浮かぶMの顔は、剣道着姿の紅顔の美少年だ。

多少酔っている声で「オマエ、絶対来いよ!道頓堀近くのホテルでやるからな!」

わかった、わかった。
誘ってくれて、電話してくれて、ありがとうな。
でも、同窓会で会ったとき、おまえ、今日の会話、憶えてないやろ!!


・・・


昼前から雨が降り出し、午後は読書で過ごす。

なぜか今宵は呑む気がせず、ひさびさの休肝日になった。

明日と明後日は思いっきり身体を動かしたい!
運動不足で、身体中が気持ち悪い。



では、また明日に!







Comment:0
2017
04.25

タケノコづくしのお土産で、お腹いっぱい!

Category: 未分類


4月25日(火曜日)


朝から必死でピアノ練習。

前回、課題の部分が全然弾けなかったので、とりあえず少しでも弾けるようにと、鬼の様相でピアノに向かう。

そして、出発。


・・・


レッスンを受けている間に、何とか弾けるようになる。

やっぱピアノの先生は、先生だけのことはあるね。
先生の教え通りに弾いていると、いつの間にか弾けるようになっていた。


レッスンのあと、茶飲み友達のYさんとお茶。

29日のびわ湖ホールでの京都橘高校の公演を見に行く打ち合わせをする。
Yさんから、今日もたくさんのお土産を頂く。
タケノコご飯、タケノコと山椒の実の煮物、タケノコ入りタマゴ焼き・・・。タケノコづくし。


・・・


今日一日は、このような感じで過ぎた。

晩に、たっぷりのタケノコご飯を頂いて、お腹いっぱい!
そのせいか、頭がよく回転しない。


なので、今宵はこのへんで・・・





また、明日!








Comment:0
back-to-top