2017
06.25

3000人の吹奏楽 in 京セラドーム大阪

Category: 音楽


6月24日(土曜日)


車30分+列車1時間で、JR大阪環状線大正駅へ。

12時に大正駅で友人Sと待ち合わせし、近くのお好み焼き屋で昼食を摂る。
「3000人の吹奏楽」は午後2時開場で、イベント会場の京セラドームは徒歩10分弱。

なので、お好み焼き屋で2時間近くのランチをしてしまった。


ま、のんびりお昼を食べてから“3000人”を観に行こうという理由での“12時待ち合わせ”だったので、予定どおりの行動である。

でも、ふたりでビール大瓶3本は予定外!

最近、とみに酒量が減ってきているので、1本半のビールはお腹にこたえた。
(ふたりでミックスモダン2枚、とんぺい焼き、野菜炒め、焼きそば等を平らげたことも一因ではある)

酔うほどのことはなく、ふたりともHappyな気分でドームに向かう。


・・・


京セラドームは6年振り。
2011年3月1日にあったイーグルスのコンサートを観にドームへ来た。

なぜ日にちまで憶えているかというと、その10日後に東日本大震災があったから。

あの頃、早期退職するなんて、夢にも考えていなかったな。
あれからの6年(仕事3年・無職3年)、あっという間で、めちゃくちゃ長い6年でした。



閑話休題



オープニング。

出演全団体によるオープニングの演奏。

2017/6/24/1 


内野席側が正面になるので、内野側はほぼ満席の客の入り。

午後3時開演からフィナーレまで、結局3時間余りのイベントだった。


多くの団体の写真を撮ったが、やはり貼るとなると・・・

2017/6/24/2 

京都橘、ただ今から始まります!の、この一枚。

始まってしまうと、写真を撮るなんて出来ません。
食い入るように演奏・演技を聴き、観ていますので・・・。


・・・


終ってから、ドームの近くのラーメン屋でラーメンをすすり、家路に就く。

帰り着いたのは、午後9時過ぎくらいか。


やっぱり、都会は遠い。

そして、体力も6年間で驚くほど低下していた。


明日はクラシックコンサートに行く。

非日常だらけだった6月をしめる最後のイベントである。



おやすみなさい。

しっかり楽しんできます!






スポンサーサイト
Comment:0
2017
06.23

ネムノキ、オオアリ、野鳥の巣!

Category: 未分類


6月23日(金曜日)



朝起きてカーテンを開けたら、目の前にあるネムノキに花が咲いていた。

2017/6/23 


羽根飾りのように美しくて気品がある。

好きな花のひとつだ。


・・・


今夏、何度目かの草刈りをしようと、頭のなかで刈る場所の順番を考え、それから着替えて物置に向かう。

と、、、

物置横にある水道あたりに、我が天敵ムネアカオオアリがうごめいている。

動きを追っていくと、またしても玄関前の軒の支柱を登っていくではないか!
昨日、再構築した結界だが、物置前までは新たに撒いていなくて、水道横の基礎のコンクリから支柱まで、アリが道をつけている。

改めて水道まわりから家の基礎に沿って結界を構築するとともに、いったいどこからアリどもが来ているのか、地面を這いまわっているアリの動きを追ってみた。

すると水道まわりから階段通路を横断し、北側の林の中に消えてゆく。
林の中は落ち葉が積み重なっていて、もうアリの姿は見えない。

これでは、巣を探して壊滅させることは出来ない。

とりあえず林と我が家との境界線に沿って、第2の結界を張り巡らせたが、枯葉の上や下を通れば、簡単に突破されそうだ。


抜本的な対策が必要かも知れない。


・・・


草刈りは、ブルーベリーの段、玄関前、門の外の私道、そして薪置き場周辺の順で行う。

草刈り機の刃を新品に取り替えたので、スイスイと気持ち良く切れる。
葉っぱが伸びていた野芝もきれいに刈り込むと、いっぱしの芝生のように見える。
(ま、芝生であることには間違いないのだが・・・)

あと、草刈りが必要なのは、畑の奥と段々庭2段目であるが、2段目にある梅の木に、野鳥が営巣して子育てしている様子なので、ちょっと気をつかっている。

まだ、巣に気づかなかったとき、無遠慮に巣に近づいたら、親鳥が巣から逃げてしまったことがある。

なので、ヘタに近づくと親鳥が怖がって、巣を放棄して育児も止めてしまうかも知れないので、今は近づかないようにしている。


野鳥って、どれくらいの期間で巣立ちするのかな。

巣立ちまで、草刈りは遠慮しておくか・・・。


・・・


明日はお出かけ!

京セラドーム大阪で行われる「3000人の吹奏楽」。


はい、出ます! 京都橘高校!!


そういえば、昨日朝のNHK「おはよう関西」で、京都橘高校吹奏楽部がローズパレードに出場するというニュースが映像付きで放映されたそうだ。

私は見逃したが、教えてくれた人がいて、もしや !? と思い、夜8時45分からのローカルニュースを見たら、同じニュースが再度流れていた(編集で短くされていたようだけど)。





ではまた!おやすみなさい。







Comment:0
2017
06.22

結界 part.Ⅱ

Category: 未分類


6月22日(木曜日)


一昨日夜中の強雨で、アリ、ムカデに対する“結界”が流されてしまい、昨日、今日と、家ん中にアリが侵入し出した。

なので、今日、“結界”を再度構築した。

玄関前・・・

2017/6/22/1 


そして、勝手口下(北側)・・・

2017/6/22/2 


勝手口下(南側)・・・

2017/6/22/3 


たかかアリごときで・・・

と、仰るかも知れないが、部屋でくつろいでいるときに、あの大きなムネアカオオアリと出会えば、心臓をわしづかみされたように驚いてしまう。

それにもし噛まれたら、猛烈に痛痒い状態が1週間は続き、噛まれたあとは3週間は消えない。
(私の左腕内側には、5月末に噛まれたあとが、まだ残っている!)


神戸で発見されたヒアリ。

もう水際防御は無理でしょう。
きっと、すでにトラックのボディなどに女王アリがくっついて移動し、どこかの地で営巣して、働きアリをいっぱい生んでいるでしょう。


・・・


たかがアリごときで・・・

フフフ、、、

ヒアリ相手でも言えますか?








って、ちょっと脅してみました!
すみません。





また、明日!







Comment:0
2017
06.21

華麗なるギャツビー

Category: 未分類


6月21日(水曜日)


予報は当たらず、雨は夜のうちに降り、昼前には薄日が差してきた。

ムシムシするのに、あんまりベトベトしないという変な空気。

夕方、畑から今季2本目のキュウリを収穫する。
無農薬・無肥料のキュウリは、少し曲がっていた。


・・・


数か月前にNHK-BSから録画しておいた映画を観た。

「華麗なるギャツビー」

同じ原作で何度か映画化されたが、私が観たのはロバート・レッドフォードが出てたやつ。
レオナルド・ディカプリオ主演で2013年に公開されたのもあるらしい。


感想をひと言でいうと、私にとってはまったく心に響かないストーリーで、なぜこの映画が日本やアメリカでヒットしたのか皆目分からない。

ストーリーにはまったく共感しないし、ギャツビーが愛し続けていた女性も、こんな女のどこがいいの ??? とか思ってしまって、話の展開が見えだしてきた中盤以降は、映画への集中力が途切れ、だらけてしまった。

「華麗なるギャツビー」という題名はずいぶん昔から知っていたし、題名から受ける印象で、私は勝手に、手に汗握るストーリー展開で、最後にはギャツビーという主人公がすべてを手に入れるというハッピーエンドを想像していた。(そう「スティング」のラストのように)


そして今日・・・

初めてこの映画を観て、めったに文芸作品の悪口を書かない私であるが、声を大にして言いたい!

こんなくだらん映画、初めて観たわ!!   (あくまで私の感想です)


「明日に向かって撃て!」や「スティング」のロバート・レッドフォードが好きだったので、まだ一度も観たことがなかったこの映画の放映を知ったとき、迷いなく録画をセットした。

いつ観ようかとTPOを選んでいたが、満を持して今日の午後、万全の態勢で再生スイッチを押したのに・・・


ま、こんなことも、たまには、ある・・・ よな。


・・・


あさのあつこ氏の「かんかん橋を渡ったら」読了。

続編の「かんかん橋の向こう側」という作品もあるらしい。

今からネットで探してみよう。




それでは、また明日に!









Comment:0
2017
06.20

噛みしめる、幸せ

Category: 未分類


6月20日(火曜日)


朝の身づくろいをすべて済ませて、いつもの歯科診療所に電話する。

「今日は“おとこ先生”ですけど、いいですか?」との確認に、「お願いします」と答える。
“おとこ先生”は、いつも私が診てもらっている“おんな先生”の旦那さんだ。
夫婦で診療所をされている。


・・・


指定された午前10時過ぎに行くと、すぐに診療室に通された。

「ほう、○○さんって結構変わったお名前ですね~」

ハイハイ、小さい頃から言われ続けてきました。
良くも悪くも、記憶と印象に残る苗字を背負って生きてきた。

「いや~ボクの知人にもね、御手洗(みたらい)とか、長宗我部(ちょうそかべ)とか、変わった苗字の人がいますよ」

おとこ先生、私の苗字に関心をもたれて、興味津々だ。
苗字にまつわる話をしながら、テキパキとはずれた被せを被せ直してくれる。

「ハイ、とりあえず仮止めにしといたからね」
ってことは、正式な治療は、奥さんである“おんな先生”に任せるつもりらしい。
夫婦間でも、どちらが主治医なのか、の一線は引かれているのか。

今までで最短の時間で診療室を出ることが出来た。


歯を噛みしめられる幸せを感じて、帰途に就く。


・・・


昨日、今日と読んでいるのは、あさのあつこ氏の「かんかん橋を渡ったら」。

まだ読了していないが、私の感想としては「バッテリー」や「MANZAI」「あした吹く風」など同氏の他の作品とは微妙にというか、全くというか、作品から漂ってくる匂いが違うような気がする。

強いて言えば、話が重く感じる。
同氏の作品の特徴だと思っていた“軽く”読める作品ではない。物語の題材が重いのだろう。


・・・


ようやく雨が・・・ と思ったら、明日、さっそく豪雨になるらしい。

空梅雨から一転して豪雨・・・。


地球が、人類を不快に感じているとしか思えないな~。




ではみなさん、豪雨に気をつけて。。。









Comment:2
back-to-top